Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前々回の「Sir Ian McKellen、ハムレット、そしてホームズ」の記事で思い出した事を書きます。

以前、Sir Ian McKellen(イアン・マッケラン)の公式ホームページに行ったことがありました。Edward Hardwicke(エドワード・ハードウィック)が映画 Richard III (1995) に出演してLord Stanleyを演じた写真を検索していた時でした。サー・イアンはこの映画に主演すると共に、二人の脚本担当の内の一人で、エグゼクティブ・プロデューサーの一人でもありました。(http://www.imdb.com/title/tt0114279/fullcredits?

エドワードの写真があって、サー・イアンの言葉が読めるのは、このページです。
http://www.mckellen.com/cinema/richard/screenplay/100.htm
ずっと下にスクロールして、SCENE 102と書かれたところにあります。サー・イアンのエドワード評を一部引用します。

エドワードはOlivier(ローレンス・オリヴィエ)が、自身が率いるナショナル・シアターに参加させた若い俳優達のうちの一人だった。すばらしい演技をする。

Edward was one of Olivier's young recruits to his National Theatre and he does a brilliant impersonation.


この他にホームページの中のE-Posts (Q&A) というページには、サー・イアンによる "Answers to fan's most pressing questions"があります。
http://www.mckellen.com/epost/index.htm

そこに、ジェレミーのホームズのことが2回書かれていますので、今日はその内の一つを引用します。「シャーロック・ホームズ関連のプロジェクトに関わったことがありますか?」というファンの質問への答えの前半部分です。

E-Posts
Correspondence with Ian McKellen
29 January 2002
http://www.mckellen.com/epost/m020129.htm

William Gillette(ウィリアム・ジレット)がConan Doyle(コナン・ドイル)による物語を劇にして、最初に劇場でホームズを演じて以来、多くの俳優がホームズで名声を得てきました。これまでで私が一番好きなのは多分、英国のテレビシリーズでホームズを演じたジェレミー・ブレットでしょう。彼は、神経質で普通の人とは違うホームズのいろいろな面をその演技で表現しましたから。ホームズを演じるのは素晴らしいでしょうね。何でも知っていて、何でもできて、好きなことだけにとりつかれているんですから。

Many actors have triumphed as Holmes ever since William Gillette, the first stage sleuth, starred in his adaptation of the Conan Doyle tales. My favourite so far was perhaps Jeremy Brett in the British television series, because he brought out Holmes' neuroses and eccentricities. It must be a fabulous part, all-knowing, all-achieving, obsessed.


これは2002年ですからもちろんサー・イアンはまだ、自分が老ホームズを演じることになろうとは知らない時です。ジェレミーが演じたホームズについての感想が、前々回の記事のコメント欄でお話して追記にも書いたものと、かなり違うのが興味深いです。もちろんジェレミーをいくつもの面で評価していて、違うときの質問に違う表現で答えた、という点もあるでしょうが、今回ジェレミーのホームズを思い出して、あらためて感じたこともあったのかもしれません。老いたホームズを演じたからこそ、ジェレミーのホームズのなかにあらわされた苦悩する面に、自身のホームズとのつながりを感じたのかもしれません。

もう一つ、2004年のページでジェレミーに言及しているところは、次の機会(次回?)に触れます。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/652-eb27ee52

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR