Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回に続いて、Sir Ian McKellen(イアン・マッケラン)の公式ホームページ中のQ&Aのページで、サー・イアンがジェレミーのことを書いている箇所をご紹介します。

E-Posts
Correspondence with Ian McKellen
4 August 2004
http://www.mckellen.com/epost/m040804.htm

上のアドレスのページを下の方にスクロールしていただくと、「ジェレミー・ブレットと会ったり、一緒に仕事をしたことがありますか?」という質問があります。答えの前半部分では若い頃のことが書かれていて、以下はその後半部分です。

私達は一緒に仕事をしたことはありません。後年彼がテレビで演じたシャーロック・ホームズはわくわくさせる刺激に満ちていて、気分屋で、神経質で、機知に富んでいて、そしてもちろんとてもハンサムでした。

We never worked together. Latterly his television Sherlock Holmes was electrifying, moody, neurotic, witty and, of course, handsome.


この、"of course, handsome."のところは、とてもハンサムな若い俳優だったジェレミーを舞台でよくみていた、と前半部分で書いているのを受けての言葉です。そこには、お店のウィンドウに飾られるマネキンのモデルになったこともある、とも書かれています。サー・イアンもこのことを知っていたのですね。ジェレミーがモデルになったマネキンの写真をみたことがあるかたもいらっしゃるでしょう。私の目からは、ジェレミーに似ているとはあまり思えないんですけど、でもとにかくモデルにしたいくらいハンサムだったんですよね!

今回のところも前回と同様、まだ自身がホームズを演じることになるとは思っていない時の言葉です。サー・イアンが老ホームズを演じた後の、2014年のインタビューでのジェレミー・ホームズに対する言葉(「Sir Ian McKellen、ハムレット、そしてホームズ」のコメント欄と追記でご紹介しました)とあわせて、ジェレミーのホームズを評価している感じが伝わってきてうれしく読みました。そして、ジェレミーのホームズの中でもっとも印象的な部分が2004年と2014年との間で、サー・イアンの中でかわっていったらしいことも、感じることができました。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/653-1b7ef428

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR