Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

備忘もかねて、前回ちらっと出てきた、お店のウィンドウに飾られるマネキンのモデルになった話を書いておきます。それにしても、1961年のジェレミーとアナの写真の裏に、現在ジェレミーはハムレットを演じていると書かれていたことのご紹介からはじまって、「そう言えば...」のつながりでお人形まで来ました。こういう数珠つなぎ、芋づる式って好きなんです、とりとめのない話を親しい人としている感じで。

人形のモデルになったことについて、ジェレミー自身がほんの少し触れている雑誌インタビューもあるのですが、今日はGoolge News Archiveにある1970年の新聞記事から引用しましょう。記事はこちらです。

Adel's work has a wolrdwide audience
Evening Times, Nov 16, 1970
http://news.google.com/newspapers?id=VjY-AAAAIBAJ&pg=6051%2C2022402

タイトルにAdelとあるのは、マネキン人形のデザイナーとして有名になったAdel Rootsteinのことで、彼女についてのWikipediaのページはこちらです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Adel_Rootstein

この記事によれば、実在の女性をモデルにして彼女が作ったマネキンが大人気で、世界中の大都市のウィンドウに飾られたそうです。そして最後に彼女は、男性のファッションが重要になってきているので男性のマネキン人形を今つくっている、と語っています。

新しくショーウィンドウに飾られる男性の「人形」のモデルとして、Adelは英国の衝撃的にハンサムな男性たちから二人を選んだ --- 俳優のジェレミー・ブレットと、写真家で第5代Lichfield伯爵であるPatrick Lichfieldだ。

「二人は70年代の男性ファッションを身にまとうのにふさわしい容姿です」とアデルは言う。

To model for the new look in male window "dummies" Adel has chosen two of Britain's most sensationally handsome men—Jeremy Brett, the actor, and Patrick Lichfield, photographer and Fifth Earl.

They "have the right lines to show the fashions of the man of the seventies," says Adel.



まあ他愛ない記事ですが、1970年当時の紙面を見てその頃のことが想像できるのと、"Britain's most sensationally handsome men" という表現に微笑むことができるというのが、うれしいところです。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/655-c67a94f4

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR