Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

とっても長く間があいてしまいました。でももう一回だけ、ジェレミーがモデルになったマネキンのお話をしましょう。以下のインタビューの中で、マネキンの件についてジェレミーが少しだけ話しています。

"The Real Jeremy Brett—Alive and Well in 'Exquisite Poverty'"
Interview by Kenneth Passingham
TV Times, February 24-March 2, 1973

タイトルの中の "The Real Jeremy Brett"という表現は、お人形じゃない方のジェレミーは、という意味です。このインタビューではいろいろと面白いことを話していて、今までもこのブログで何回かふれていました。
Annaのこと;1973年のインタビューから
お金のこと; 1973年のTV Timesのインタビューより
両親のこと(その1); 1973年のTV Timesのインタビューより
両親のこと(その2); 1973年のTV Timesのインタビューより
父のこと; 1973年のTV Timesのインタビューより

この1973年のインタビュー記事で使われた写真は、brettish.comでみることができます。
"A Dedicated Follower of Fashion..."
このページの上から4枚目、向かって左です。この人形、似てますか?うーん。

その一つ上の写真、これは雑誌Vogueの1971年の記事からで、ジェレミーの両側がどちらもジェレミーの「クローン」、つまり人形だそうです。うーん。

ちなみに前回ご紹介した、現在マネキン人形製作中という新聞記事の日付は1970年11月16日、Vogueの記事は1971年4月号、TV Timesのインタビューは1973年2-3月号ですから、複数回、少なくとも二回はモデルになったのかもしれませんね。1970年後半、そして1972年頃。二枚の写真のお人形は互いに印象が違いますし。

さて、TV Timesのインタビューからの引用です。

いまや無数の「ジェレミー・ブレット」が英国とアメリカにいる。

「元々のきっかけは、ガールフレンドがキングス・ロードにブティックを持っていて、6ヶ月待たないとショーウィンドウを飾るマネキンが入らないっていうことだったんです。それで車に飛び乗って、(マネキン人形作家の)Adel Rootstein のところに行きました。そしたら人形をすぐに準備すると言ってくれました。僕の顔かたちを次の年の男性マネキン製品で使っていいと言えば、ね。」

There are now thousands of Jeremy Bretts throughout Britain and America.

"I did it originally because a girlfriend with a boutique in the King's Road was told she'd have to wait six months for a dummy to dress her window. I jumped into a car and went to see Adel Rootstein. She offered me a dummy [...] immediately, provided that I would agree to be part of her male line in models the next year."


すぐに車に飛び乗って行っちゃうジェレミーが想像できます。

RM
関連記事

コメント

車に飛び乗って・・

友達のお店に飾るマネキンができないと聞いて
車に飛び乗っちゃうジェレミー。
ほほえましいですね。
かわいらしい感じです。
思いついたらすぐに行動してマネキンを作ってくれるよう
に頼むところは子供みたいに素直なジェレミーの姿をさうざぅします。

ほんと、かわいらしいですね。

>車に飛び乗っちゃうジェレミー。
>ほほえましいですね。

ジェレミーにとって、ひとのために何かしてあげられるということが、特にうれしいことだったように感じます。

>子供みたいに素直

本当にそうですね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/656-5b2898c4

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR