Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

「趣味は?」と尋ねられて、ジェレミーが「アーチェリー、乗馬」の後に「ピアノ」と答えているインタビューを以前ご紹介したことがあります。
補遺、備忘録 その6(日本での訃報、ピアノ)

その時に、

これはピアノを「弾く」とは言っていないのですが、「聴く」とも言っていないし、やっぱり弾くのも好きだったのじゃないかと思うのですが、どうでしょう。クラパムの家にピアノがあったかはともかく、ある時期にはよく弾いていたのではないかと。よくわかりませんが、忘れないように記しておきます。

と書きましたが、ジェレミーはクラパムの家でやはりピアノを弾いていた、ということがわかる記事をみつけましたので、これも忘れないうちに引用しておきます。eBayに出されていた切り抜きからで、「私の週末」という欄の記事です。

My weekend
"Jeremy takes a bow for an arrowing experience"
Daily Express, December 27 1991

これは金曜日の新聞なのですが、おそらくいろいろな人に週末をどう過ごしているかを尋ねる、週一回の連載シリーズなのでしょう。

引用部分でジェレミーは、グラナダ・シリーズの撮影のためにマンチェスターのホテルに泊まっている時の土曜日の過ごし方を最初に話しています。省略した箇所では、日曜日は撮影のために台本を読んでいると書かれています。その後、撮影がない時のクラパムでの過ごし方を話す中で、ピアノの話が出てきます。

ジェレミーは土曜日の朝、まずホテルのプールに行って泳ぐ。それからテラスにすわって、コーヒーのポットをかたわらに朝刊を手にする。

「健康のための午前の散歩としてマンチェスターの中心街をぶらぶら歩いて、マンチェスター市立美術館かどこかに行って、それから軽い昼食をとって、ホテルの部屋に帰って、ちょっと、うとうとします。夜にはのんびりディナーを楽しむために、ホテルのフレンチレストランに行きます。」

「レストランのスタッフは僕にうんざりしていると思いますよ。だっていつも同じ、かなりシンプルな料理ばかり頼みますから。最初はラズベリーをつめたメロン、それからサーモン。」(中略)

撮影がない時は、ジェレミーはロンドンのクラパム・コモンのそばの広いフラットで過ごす。そこでの生活はもっとシンプルだ。「一番奮闘しているのは、ピアノの練習です」と言って笑う。「楽々と弾いているんじゃないんですよ、がっかりしながら、です。ピアノが上手だったらなあって思うのですが、もう何年も弾いたり弾かなかったりなので、才能はどこかへ行ってしまいました。」


Jeremy starts his Saturday mornings with a visit to the hotel's leisure centre for a swim. Afterwards, he sits on the terrace with a pot of coffee and the morning papers.

"On my morning constitutional, I'll stroll round the city centre, perhaps visit the art gallery, eat a light lunch and go back to my room for a snooze," he says. "Later, I emerge for a leisurely dinner in the hotel's French restaurant."

"The staff must get awfully bored with me as I stick to the same, fairly simple menu, starting with melon filled with raspberries, followed by poached salmon."

[...]

When he is not working, Jeremy stays at his large flat near Clapham Common, London, where his life style is even simpler. "The most strenuous thing I do is practise the piano," he smiles. "I don't play with any pleasure. It's all a disappointment because I would like to have been a good pianist but, as I haven't played consistently over the years, any talent has drifted away."


最初のところ、土曜日はこんなふうに過ごしたんですね。ジェレミーは水泳が好きですね。アメリカでのプロモーショナル・ツアーの時もホテルで泳いでいましたし、俳優Vincent Price(ヴィンセント・プライス)に手紙で水泳をすすめています。
ビバリーヒルズ・ホテルで;1991年のインタビューから
私信(2)

マンチェスターのホテルのフレンチ・レストランも、もうおなじみですね。サーモンを注文するというのも、以前もありました。
The Midland Hotelのレストランで

ここでは"poached salmon"となっていて、"poach"は少量の液体で調理することだそうですが、「シャケの西洋風煮魚」なんて訳すると、実際とはかなり違うイメージを呼び起こしそうなので、ただ「サーモン」とだけ書きました。"melon filled with raspberries"は、私ははじめてです。

"the art gallery"というのはおそらく、Manchester Art Gallery(マンチェスター市立美術館)のことでしょう。Wikipediaによると、ラファエル前派のコレクションが充実しているそうです。入場料は無料、すべての曜日で開いています。いつか行ってみたいですね!こちらが美術館の公式ウェブサイトです。
http://www.manchestergalleries.org/

そしてクラパムでのピアノの練習の話。やっぱり弾いていたんですね!楽しんでらくらくと弾いているんじゃない、と言っていますが、もちろん苦行というわけではなくて、やっぱり好きだから練習したのでしょうね。以前、ギターを奏でるというのもありました。
ジェレミーのギターと歌

ジェレミーは音楽が本当にとっても好きなんですね!歌もギターもピアノも。

RM
関連記事

コメント

もうすっかり春ですね

最近なかなかおじゃまできなくて残念なんですが,今回はこちらでのんびりするのにぴったりな「ジェレミーの週末」が話題ですね。

プールでゆっくり過ごしたり,お散歩したり。
それから前菜?に頼むラズベリーをつめたメロンも彩りがよさそうで,印象的です。
RMさんが日本語にしてくださった文章を読んで,気分はゆったりとした週末です。
今週は始まったばかりですけど。

ジェレミー・ブレットが楽しむ週末のピアノ,これもいいなあ。
音楽についての知識がないので,いいなあ,といいながら具体的にイメージできなくて残念ですけど,でもどんな曲で楽しんでいたんでしょうね。

さらに週末気分が盛り上がってしまいます。

さかのぼって,ジェレミーがモデルになったマネキン,の記事も読みましたよ。

このマネキンは誰?と聞かれたら,わからないでしょうねえ。
うーん,なんだか不思議なマネキンです。






さきさん、こんばんは!

今日は特に暖かい一日でした。今は外で時折強い風の音がしています。

お忙しい中、来て下さってありがとうございます。気持ちだけでもどうぞ、のんびりしていらしてくださいね!

>それから前菜?に頼むラズベリーをつめたメロンも彩りがよさそうで,印象的です

順番からいうと前菜ですね。私もこれははじめてです。きれいな色が想像できますね。

ピアノはどんな曲でしょうね?ジャズやポップスよりはやっぱりクラシックだろうなどと想像しています。ラジオインタビューで無人島へ持っていくレコードを紹介したときには、すべてクラシック音楽、声楽曲で、プッチーニ、モーツァルト、ビゼー、フォーレ、リヒャルト・シュトラウスの曲でした。モーツァルトやフォーレのピアノ曲なんて、弾いてほしいなあ。

>このマネキンは誰?と聞かれたら,わからないでしょうねえ。

ね、そうでしょう!私もです。

ところで先日上京して、穴子寿司のお弁当持って、久しぶりに寄席にも行ってきました。残念ながら市馬さんは出てなかったけど、いろんな噺家さんが次々と、そしてあいだには手品や曲芸の芸人さんも、私達を楽しませてくれる、ああなんて楽しいんだろう!と幸せな気持ちになりました。 生(なま)はやっぱりいいですね。鈴本の3月下席・昼席でした。

やはりクラシック?声楽曲?

ジェレミーの好みの音楽の情報をありがとうございます!
クラシックで,さらに声楽となると本当に知らないんですが,聴いたことがある作曲家が並んでいますね。
せめて曲名と作曲家を確認して聴く,ぐらいのことはしてみましょう。

東京行きはいかがでしたか?
確か三月の下旬の東京は暖かかったみたいだから,気持ちよく過ごされたのではないかなと思います。
寄席は鈴本に行かれたんですね。
私もだいぶ以前のことになりますが,一度行ったことがあります。
まだ噺家さんのことをよく知らない頃だったので,今思い出せるのは,柳家権太楼師匠の「つる」,柳家喬太郎師匠の「母恋いくらげ」,三増紋之助さんの曲独楽だけです。
やはり,生の寄席,いいですね。
行きたいな。
それに穴子寿司のお弁当がまた,うらやましい。

ここまで書いて気がつきましたが,わたしはどうも食べ物に反応するみたいですね。

食い意地がはっているのかな?
と言うわけで,新しい記事ではマーマイトに反応しました。
食べ慣れない人にはハードルが高い,というマーマイトですね。
評判の内容からマーマイトを食べることはないだろうなあ,と思っていましたが,ジェレミー愛用なんですか。
うーん,うーん。
そういうことなら,いつの日か試してみたい・・・です,

「週末に必要な物」の記事はすべてとても楽しめました。
当たり前の品物が並んでいるだけなのに,そこに「僕の青いタオル地の」とか「放し飼いの鶏の」とつくだけで人柄が偲ばれるような気持ちになります。
ジェレミー・ブレットご本人が週末を楽しんでいるのを感じることができるような気がします。

お忙しいでしょうけれども,少しずつで結構ですから,こんな情報も分けてくださいね。

クラシックも落語も大好き!

さきさん、こんばんは!
私も実は、声楽曲はあまり知らないんです。クラシック音楽は好きなのですが。それから若い頃のインタビューで、ジェレミーが好きな音楽としてポップスの曲をあげているのもあるんですよ。ジェレミーが名前をあげた曲をあらためて記事にしたいなあと、以前から思っています。

東京は楽しかったです!ちょっとパラパラっと雨が降った時もありましたが、困るような雨ではなく、晴れ間もみえて気持ちのよい気候でした。今日は東京は寒かったみたいですが。

他の寄席も調べたのですが、私がききたい噺家さんが一番出ていた鈴本にしました。

>まだ噺家さんのことをよく知らない頃だったので,今思い出せるのは,柳家権太楼師匠の「つる」,柳家喬太郎師匠の「母恋いくらげ」,三増紋之助さんの曲独楽だけです。

わあ、よく覚えていらっしゃいますね!私は幸せ気分で笑って、でも終わったらほとんど、なんの噺だっかた忘れちゃいました。噺家さんの名前で言うと、今までも寄席で何度かきいていて、今回もきけてうれしかったのはトリの春風亭正朝さん、そして大好きな十代目馬生師匠のお弟子さんで、こちらも大好きな五街道雲助さん。はじめてで、きけてよかったのは三遊亭歌之介さん、橘家圓太郎さん。ちなみに当日はお休みで残念だったのは桃月庵白酒さん、春風亭一朝さん。

穴子寿司、西の方でも食べますけど、江戸の味でもあるみたいなので買ってみたのですが、これが大当たりでおいしかった!穴子がおいしかったのはもちろん、すし飯の味加減が私の好みでした。

マーマイト、私も食べたいと思ったことはないのですが、

>そういうことなら,いつの日か試してみたい・・・です,

という、この「・・・」に共感してしまいました。

>「週末に必要な物」の記事はすべてとても楽しめました。
当たり前の品物が並んでいるだけなのに,そこに「僕の青いタオル地の」とか「放し飼いの鶏の」とつくだけで人柄が偲ばれるような気持ちになります。
ジェレミー・ブレットご本人が週末を楽しんでいるのを感じることができるような気がします。

私も同じ気持ちで、ジェレミーの週末を感じられてうれしくなりました。楽しんでくださって、そして励ましの言葉も、ありがとうございました!「週末に必要な物」の記事のコメント欄で、またお返事しますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/658-2bcd98e9

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR