Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回ご紹介した記事の最後に"ESSENTIALS"(必要なもの)が列挙されています。それを引用しましょう。この「必要なもの」というのは、記事のタイトルでもある"My weekend"(私の週末)に必要なものということでしょう。

My weekend
"Jeremy takes a bow for an arrowing experience"
Daily Express, December 27 1991

必要なもの

マッチ1箱 8ペンス
一番軽いタイプのSilk Cut(シルクカット)煙草1箱 2.08ポンド
僕の青いタオル生地のガウン、保養地で買ったもの 80ポンド
果物ひとかご 10ポンド
放し飼いにした鶏の卵1ダース 1ポンド
朝のトーストのためのマーマイト 1.40ポンド
劇場のチケット 16ポンド
ポットのコーヒー チップも入れて3ポンド


ESSENTIALS

Box of matches — 8p
Packet of mildest Silk Cut cigarettes — 2.08£
My blue towelling robe bought at a health farm — 80£
Basket of fruit — 10£
Dozen of free-range eggs — 1£
Marmite for morning toast — 1.40£
Theatre ticket — 16£
Pot of coffee — 3£ with tip


訳に間違いがあったらごめんなさい。どうぞ原文もご覧になってくださいね。

"Silk Cut"は煙草の銘柄ですね。"health farm"は健康維持のための郊外の施設をさすようです。"robe"は部屋着、ガウン、バスローブということですが、着るのはバスの時だけではないかもしれないのでガウンとしました。青だったんですね。 "Marmite"はきいたことはありますが、口にしたことはありません。ジェレミーは好きだったんですね。じゃ、いつか試してみましょう!(うふふ)

RM
関連記事

コメント

休日のジェレミー!

ひとつ前の記事も楽しく読ませていただきました。
最近ご無沙汰しておりましたが、食べ物のこととなるとついつい参加したくなってしまいます!
(さきさんも同じようにおっしゃっていましたね!)
「ラズベリーを詰めたメロン」(これ、想像できなくて思わず画像検索してしまいました。二つ割もしくは四つ割りにして、種を除いた穴にラズベリーを入れるんですね。ほんとに綺麗!)も「寄席に持っていく穴子寿司」もおいしそうですが、迷った末にこちらにコメントさせていただきました。

というのも私、旅の持ち物リストが大好きなんです。
(ひょっとしたら、旅そのものよりもリスト作りが好きかも……)誰かの鞄の中身を見せてもらう企画記事も大好きで、必ず目を通してしまいます。つくづく、この新聞を購読したかったです!

一番はじめにマッチとタバコ、それから「お気に入りの青いガウン」が出てくるところでホームズのファンとしてはにやにやしてしまいます!コーヒーも!

それにしても、チップのことを書いているのがジェレミーらしい。コーヒーを運んできてくれた人をぞんざいに扱わず、友人に対するように迎えている姿が目に浮かびます。
休日の朝の光の中で、着慣れたガウンを着て、たぶん髪はちょっとくしゃっとしてるけど、とびきりの笑顔を見せてくれるのでしょうね。(想像と言うより妄想ですね……)

ところで、マーマイトはチーズに塗るとおいしい、と教えてもらったことがあります。独特の匂いが緩和されて、味が複雑になるようです。トーストに使う時も、バターやチーズと合わせるとおいしいですよ!もしマーマイト単体で召し上がって苦手と感じられたら、お試しくださいね。

マーマイト情報ありがとうございます!

ナツミさん,初めまして。
わたしはグラナダホームズを見始めて二年目,ただいま関連情報を集めようとして,ちっとも整理がつかないでいるところです。

マーマイトの食べ方を書いておられたので,思い切って書き込みます。
乳製品と合わせて食べるマーマイト,それはちょっと心惹かれますね!試してみようかな,と言う気持ちになってきました。
Amazonで125グラム入りマーマイトを眺めながら,もっと小さな瓶で売ってくれればいいのになあ,と思っていたところです。
これを書き終わったら,もう一度Amazonに戻ってみましょう。

それからもう一つの話題,持ち物リストについて。
持ち物リストから,あれこれ考える楽しみって確かにありますね。
人によって思い浮かべることが違うのも楽しいですね。
わたしも
「マッチ一箱!
ライターじゃないんだ!
ホームズを演じるとき自然なしぐさでたばこに火をつけられるように,普段もマッチを使っていたのかな?
それとも,ただ単にマッチが好きなだけ?」
なんて,勝手なことを考えて楽しんでいます。

RMさんはどんなことを,思われているのでしょうね?

マッチとタバコ

さきさん、初めまして!
お話させていただくのは初めてですが、ジェレミーへの愛のこもったコメントをいつも楽しく拝見しております。

マーマイト、大きな瓶しかないのですね。少し味は違うようですが、オーストラリア版の「べジマイト」はいかがでしょうか。
でも、せっかくですからジェレミーの愛した味をそのままいただきたいですよね。時々小さなものも売っているようなので(友人が、ハート型の可愛い瓶を持っていました)、いつかちょうどいいサイズに出会えるといいですね!

そして、マッチ!あまりにも似合い過ぎて、ライターの時代だったということをすっかり忘れていました。
マッチでたばこに火をつけるしぐさ、いいですよね。ワトスンと火を分け合っているのも、すごくかっこよくてドキドキした記憶があります。

RMさんのお返事を待たずに書き込んでしまってすみません!
嫌煙の時代ではありますが、いつか、RMさんのおすすめタバコシーンも教えていただけたら嬉しいです。

ベジマイト

ベジマイト,というものもありましたね。

もっとも名前しか知らなくて,マーマイトの姉妹品かな?なんて思っていました。
オーストラリアのものだったんですね。

両方買って食べ比べてみたいな,とちょっと思いましたが,まあ,買う決心がついたときにはどちらか一つにしましょう。
そしてもし大好きだったら,もう一方も試してみたいですね。

あれこれ迷ってみるのが好きなので,もうしばらく楽しもうと思います。

ナツミさん,情報をありがとうございました。

ナツミさん、さきさん、こんばんは!

お二人のおしゃべり、楽しんでいました。お返事が遅くなって申し訳ございません。

ナツミさん、私も「ラズベリーを詰めたメロン」の画像検索しました。「穴子寿司」もほんと、おいしかった!寄席に行く前に「日本橋玉ゐ」のコレド室町店で買いました。今これを書くために検索したら、日本橋本店がおもむきがある日本家屋でした。今度行ってちょっと贅沢してそこで穴子を頂きたいなあ。
http://anago-tamai.com/

旅のリストがお好きって、たしかYOKOさんが旅行プランをたてていらしたときにもおっしゃってましたね。面白いですね!

>それから「お気に入りの青いガウン」が出てくるところでホームズのファンとしてはにやにやしてしまいます!コーヒーも!

ガウン、ネズミ色は覚えてるけど青はどこだったかしら、ナツミさんがブログにガウンのことを書いていらしたなあと思ってナツミさんちに行ってきました。「シャーロックのガウン」という記事、「唇が捩れた男」での"a large blue dressing-gown"でしたね!
http://sherlock221b.blog.fc2.com/blog-entry-181.html

>休日の朝の光の中で、着慣れたガウンを着て、たぶん髪はちょっとくしゃっとしてるけど、とびきりの笑顔を見せてくれるのでしょうね。(想像と言うより妄想ですね……)

わーん、素敵な想像!いえ、妄想じゃありません!

マーマイト、バターかチーズですね。試してみます。それにしても、相当くせがあるんですね!

>ワトスンと火を分け合っているのも、すごくかっこよくてドキドキした記憶があります。

「赤髪連盟」の最後でしょうか。かっこいいですよね!



さきさん、マーマイト、Amazonでながめるなんて、かなり本気でいらっしゃるんですね!そして楽しく「あれこれ迷って」いらっしゃるんですね。私はまだ「いつか」の段階でとまっています。

>「マッチ一箱!
ライターじゃないんだ!
ホームズを演じるとき自然なしぐさでたばこに火をつけられるように,普段もマッチを使っていたのかな?
それとも,ただ単にマッチが好きなだけ?」

わあ、ナツミさんと同じく、私もさきさんの目のつけどころに脱帽です。ライターの時代でしたね、そういえば。ジェレミーが煙草を吸っている写真は山ほどありますが、机の上に煙草の箱が置いてある写真というと、3枚思い浮かびました。1枚は1991年アメリカで。この時はライターがみえます。アメリカではマッチが手に入らなかったかしら、と思ったのですが。もう1枚は1989年頃、多分ロンドンで、これもライターでした。2枚とも煙草はSilk CutではなくMarlboroです。もう1枚は30代後半から40代前半くらいでしょうか、煙草の箱の上にマッチ箱がのっています。

ロンドンやアメリカでは、ライターの時代になってからはマッチだとたくさん必要なのでライターが多かったかもしれませんね。でもマンチェスターでのジェレミーについては、私もさきさんの推理に賛成!マンチェスターではマッチを使うことが多かった、それは「マッチが好き」だし、「ホームズを演じるとき自然なしぐさでたばこに火をつけられるように」。

マンチェスターではマッチを

なるほど,RMさんの言われるようにジェレミーがマッチを使う場所をマンチェスターに限定すると,ちょっとした思いつきが推理に変わりますね。
ホントにジェレミーに近づけたかもしれない!と思うのは妄想でしょうか?

しかしRMさん,ジェレミーの写真で机の上に煙草の箱が置いてある写真を3枚思い浮かべられる,それはすごすぎます。
ただびっくりです。

などと言いつつ本当は「穴子寿司」について書きたかったのでした。

なんて,おいしそうなんでしょう!
料理の写真を見たとたんに「私はジェレミーより穴子のほうが好きなんじゃないかな」と思ってしまいそうでした。
こんなことばかり書き込んでいると,ジェレミー・ブレットにふさわしい品格のあるRMさんのサイトに申し訳ないですね。
でも,あまりにもおいしそうで。

RMさんが行かれた時の鈴本には,私の好きな師匠方が並んでいたんですね。正朝さんだけはまだご縁がなくて聞いたことはありませんが。
わたしも寄席見物に行くときは,この穴子寿司を持って行きたいです。



妄想じゃなくて、素敵な想像ですよね!

さきさん、こんばんは。自由に想像の翼を広げると、実際にすべてその通りというのではなくても、やっぱりちゃんとジェレミーの本質に近づいていけると信じていますよ!

>しかしRMさん,ジェレミーの写真で机の上に煙草の箱が置いてある写真を3枚思い浮かべられる,それはすごすぎます。
ただびっくりです。

えへへ、おほめの言葉をありがとうございます。
ホームズを演じている頃の写真で煙草の箱がうつっている2枚はすぐに思い浮かんだのですが、マッチあるいはライターまでは覚えていませんでした。若いときの写真は煙草どうだったかな?と自信なかったんですが、煙草とマッチをみつけたときは、わーい、という気分でした。

>料理の写真を見たとたんに「私はジェレミーより穴子のほうが好きなんじゃないかな」と思ってしまいそうでした。

わはは、ここを読んで掛け値無なしに、声をあげて笑いました。お返事書くために再度読んで再度笑っちゃいました。ジェレミー、負けちゃいましたね!穴子寿司、おいしそうでしょう!私、薄味が好み、そしてあまり甘くないのが好みなんですが、上の穴子も下のご飯も私の好みにぴったりでした。

>わたしも寄席見物に行くときは,この穴子寿司を持って行きたいです。

ぜひぜひ。お寿司食べながら寄席、ああ私もまた行きたいなあ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/660-59b9c814

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR