Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回の最後で引用したアメリカの新聞記事から、もう少しご紹介します。これは1991年のアメリカツアーの時のインタビューです。

前回引用したのは楽しい部分でしたが、こちらはジェレミーが、奥様であるJoan Wilson(ジョーン・ウィルソン)の深刻な病を知った時のことです。

Sherlock Holmes In America
The Morning Call, November 10, 1991

Joanie(ジョーニー)が命にかかわる病にかかっていることを、私達は突然知りました。そのとき私はスイスにいて「最後の事件」を撮影していました。私からすべての光が消え失せました。

自分の部屋で気持ちそのままに暗闇の中にいた時、私のワトスンだったDavid Burke(デイビッド・バーク)とプロデューサーとが部屋に入ってきたのを覚えています ... そしてなんとか最後まで撮り終えて、私はまっすぐ家へ向かったのでした。


"[...] suddenly we realized that Joanie was dying and I was in Switzerland at the time and I remember we were shooting 'The Final Problem' and all the lights went out for me.

"I was actually in my room in the dark and I remember my beloved David Burke, who was my Watson then (today's Watson is Edward Hardwicke) and my producer came in ... and we kind of limped through to the end of the film and I went straight home. [...]"


この記事の前の方で、マンチェスターのホテルからジョーンにしょっちゅう電話をかけていたことを話していますので、スイスのホテルでも、ジョーンとの電話で病のことをきいたのかもしれません。その後部屋が暗くなるままに、ホテルの自分の部屋で一人座っているところへ、何か約束があったのか、暗い中にデイビッドとMichael Cox(マイケル・コックス)が入ってきたのでしょうか。

悲しい記事のご紹介になってしまって、悲しくさせてしまっていたら申し訳ございません。でもこういう時のことをジェレミーがどう話しているかというのもまた、私には大切なことに思えます。

そしてもしかしたら実際におきたことは、必ずしもいつも言葉どおりというわけではなかったかもしれないとも思います。ひとが出来事や気持ちを語るとき、それは過去のその時から積み重なっていく時間を含んだ「ものがたり」です。「ものがたり」は時として、実際からは離れていきます。でもそれはものがたる人の中の大切なことを伝えてくれます。

これを読みながら、スイスのホテルでのジェレミー、それをものがたるアメリカでのジェレミーのことを思っています。

うまく訳せませんでしたが、ジェレミーは"my beloved David Burke"と言っています。"darling"とか"beloved"という言葉、ジェレミーのインタビューではよく出てきて、ジェレミーらしいなあと思います。

RM
関連記事

コメント

darlingなどなど

いきなり初夏になってしまいましたね。
連休中は冬物の片付けをして過ごす予感がしています。

darlingのような言葉って日本語にするのが難しそうですね。
辞書に載っているとおりに訳すと,意味はわかるけど不自然ですね。

ただ,今回のようなつらい話題の中でもDavid Burkeの名前の前にmy belovedときちんとついているようなところに,その人の人柄が出る,ということなんでしょうか?
RMさんも言われるように。

わたしは,普段のジェレミーがそばにいる人に向かって,darlingでもなんでもいいから話しかけているところが見てみたいです。
時々見せてくれる,赤ちゃんみたいな笑顔つきだと最高なんですが。

本当に初夏ですね!

さきさん、こんばんは。私は今日は時折うちわを手にして、すごしていました。

ジェレミーは本当によく、darlingとかdearとかbelovedなどをつけますね。特に"darling"!でもさきさんがお書きになったので思い出そうとしてみたのですが、演技でない時の"darling"は、私はほとんどが文字で読んだもの。あとはNPRのラジオインタビューではありましたが("my darling son, David") 映像つきでdarlingって言っているのを思い出せません。

かわりといっては何ですが、そしてさきさんもご存知じゃないかと思いますが、ジェレミーとエドワードが共に出ているインタビュー番組の中でジェレミーがエドワードに話しかけている部分を、次の記事でご紹介しようと思っています。ジェレミーのやさしい声と調子がとっても好きなので。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/667-027ff5f2

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR