Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

今日の安全保障関連法案の強行採決で気持ちが暗くなって、不安と怒りがこころの中にあります。でもあきらめてはいけない。でも何ができるだろう。そう思うときに、今朝の内田樹さんのtwitterの言葉が思い出されます。

https://twitter.com/levinassien/status/621089965804400641

隣人に友人に家族にあるいは職場の同僚に一言でいいです。「強行採決はないと思う。これじゃ立憲政治とは言えないよ・・・」としょんぼりした声でつぶやくだけでもそれは一つの意思表示です。たいせつなのはそれが「自分の声」でなされるということです。誰かの言葉を真似する必要はありません。

堂々たる論拠を示す必要もありません。雄弁である必要もありません。誰かの言葉づかいを真似た「政治的に正しい意見」より、自分の声で語られた「小声での異議申し立て」や「混乱した意見」の方がずっと重いと僕は思います。そういう言葉だけが時間に耐えて自分の中にとどまり続けるからです。


ですから、これが私の「小声での異議申し立て」です。

今の政治はおかしい。学校で習った民主主義はどこへ行ったのでしょう。選挙で勝ったら、国民なんて、声をきく価値もない存在なのでしょうか。黙って従えということでしょうか。署名もデモも、声明もアピールも、ここまで無視されていいのでしょうか。

憲法って、そんなに軽いものなのですか。憲法とは、政治権力が勝手なことをしないように国民を守るものではなく、政治家のいいなりになる、そんなものだったのでしょうか。

日本には、好きなところも好きでないところもあった。でも少なくとも民主主義の国、平和の国として誇りを持っていた。それが、ガラガラと崩れ落ちようとしている。こんなものすごいはやさで。祖父母と両親の世代が体験した戦中・戦後が無駄になりかねない。あの戦争が無駄になりかねない。

私達があきらめて、忘れるのを待っているのが現政権です。私は普通の生活を普通に過ごして、でもあきらめない、忘れない。

おいしいものを食べたら喜んで、楽しいことがあったら笑って、ジェレミーのお話も多分楽しんで、でも日々の小さなことにちょっと落ち込んで、でも平和なこころで過ごして。

でもこの理不尽で危険な今の政治のことも忘れない、あきらめない、思い続ける。これが私の小声での意思表示です。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/688-a99c0f86

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR