Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回の続きで、1984年のインタビューからです。今回引用する部分は、eBayに出た切り抜きの画像から読み取りました。出典は以下のとおりで、この書誌情報自体は、前回私が書いたのと同じ部分を引用していたBrettish Empireの記載をそのまま頂きました。
The More Than Elementary Mr. Jeremy Brett
Woman and Home interview by Marianne Gray, June 1984.

役者になりたいということが8歳の時にはわかっていた。その頃、背が伸びすぎて騎手になれないのに気づいたのだ。16歳でリューマチ熱で死にかけた時、それが確信にかわった。イートン校では成績優秀な優等生というわけではなかったし(「僕は甘ちゃんだったんですよ」)、有名な陸軍大佐の父がジェレミーに継いでほしいと願っていた職業につくのは、リューマチ熱のために不可能になった。つまり軍人になるのはもう無理だったのだ。

「役者の道にすすむように励ましてくれたのは母です。母は美しくて魅力にあふれていて、半分がアイルランド人、全部がクエーカーでした。私達の家はイングランド中央部にある大きな屋敷で、コベントリーから少しはずれた田舎にありました。母はこの家をいわば『フラワー・パワー』(訳注:慣習にとらわれずに愛と反戦をひろめる、60-70年代のヒッピーたちの運動)のやりかたで切り盛りしていたんです。いつも困っている人を連れてきて住まわせていました。Westonという名の一家全員が戦争の間ずっと厩舎にいたことを覚えています。母は家にいつも音楽と活気をもたらしました。」

He knew he wanted to act as far back as the age of eight when he realised he'd be too tall to be a jockey. At 16, when he nearly died from rheumatic fever, he was certain. At Eton he'd turned out to be not a great achiever ("I was fairly wet and spoilt") and the rheumatic fever ruled out the profession his distinguished army colonel father would have liked him to follow—that of a soldier.

"It was my mother who encouraged me to act. She was a dazzling woman, half Irish and fully Quaker, and ran our home, a large country house deep in the Black Country outside Coventry, in a sort of "Flower Power" way, always filling it with people that she'd picked up. I remember her bringing home a whole family called Weston during the war and all of them stayed in our stables. She brought music and life."


騎手になりたかったけど背が高くなりすぎたというのは、よく言っていました。
子供の頃のこと;1987年のインタビューより

16歳の時のリューマチ熱のためにジェレミーの心臓は2倍の大きさになっていて、ジェレミーは晩年、心筋肥大症と診断され、亡くなったのは心不全のためでした。ジェレミーがリューマチ熱のことを語っているのは、たとえばこちらです。
大病の後に;インタビュー記事 When the lights went out (1990) より

イートンでは成績優秀じゃなかったと自身で言っているのもこれ以外でも目にしました。これはディスレクシア(難読症、識字障害)のせいもあるでしょうね。
ディスレクシア(3);"Dancing in the Moonlight"より

でもここで、ジェレミーは学校の成績はたとえよくなくても、利発な子だったと思うということを強調しておきます!以前にも引用した、長兄のJohn Hugginsの言葉です。ジェレミーの追悼式の司式をなさいました。

ジェレミーは若い頃とても優秀だったし、素晴らしい音楽家だった。

As a youth, Jeremy was a brilliant scholar and musician [...]

The Baker Street Journal: an irregular quarterly of Sherlockiana, Volumes 45-46, 1995
追悼式での John Huggins師の言葉;1995年のThe Baker Street Journal より

その次はお母様のことを話しています。インタビューでお母様のことを話すのは比較的珍しいと思っています。クエーカーでアイリッシュ、ということ以外を話すのは。

お母様の「フラワー・パワー」って、どういうことでしょう?「フラワー・パワー」については、たとえば英語のWikipediaではこちらです。

これは1960年代後半から70年代前半にかけての、古い慣習にとらわれずに反戦、平和、自由、愛を広めるヒッピーたちの運動で、彼らはフラワー・チルドレンと呼ばれました。フラワー・チルドレンについては日本語のWikipediaに説明があります。

これに対してジェレミーのお母様は1959年に亡くなっていますし、これはジェレミーが子供のころ、つまり1930年代から40年代の話ですから、なんて時代を先取りしているのでしょう!イギリスの古い階級主義にとらわれず、争いや戦争には静かな抵抗を示し、困っている人なら誰にでも親切にする、気取ったところのまったくない自由なこころの持ち主だったということでしょう。Berkswell Miscellany, Volume V には「浮浪者やジプシーはハギンズ夫人を友達と思っていた」(Tramps and gypsies knew Mrs. Huggins as a friend.)とあります。

ジェレミーのあたたかさも、慣習にとらわれない自由さも、お母様ゆずりなのだとあらためて感じます。クエーカーについてはこちらに書きました。
母、Elizabethのこと;Quaker

ここでも書いたとおり、クエーカーの中には無神論者さえいるといわれるほど、ドグマにしばらなれない人たちのようで、私は以前からクエーカーに関心を持っていました。

お母様も音楽がお好きだったのですね!お父様の弟(か兄)のLeslie Hugginsは音楽の先生でしたから(Berkswell Miscellany, Volume V、およびDesert Island Discsでのジェレミーの言葉より)、ジェレミーは父方母方の両方から音楽好きを受け継いだのでしょうね。

そして何より、お母様はジェレミーが役者の道にすすむのを後押ししてくれたのでした。

RM

追記:ジェレミーがイートンでの自分のことを "I was fairly wet and spoilt"と言っているのがニュアンスがはっきりとはわからないのですが、wetというのはクラスの先頭をきって中心になるような生徒ではなかったことを言っているのだろうと想像しています。be spoiltは、それでも学内で特別な存在として扱われていたことを示しているのではないかと思って、訳してみました。イートンの聖歌隊でソロを歌って(ジェレミーは自分では言っていませんが)ほとんどすべての生徒がその歌と姿に魅了されていたのですから。
Etonでのジェレミー(3)
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/692-64b1b86a

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR