Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前々回引用した部分の続きです。ただし最初の一文はこの前と同じで、その次からが今回の新しい部分です。

「昔からなじんでいるものに触れると、台詞を覚えるのがとても楽になるんです」とジェレミーは言う。こういった「もの」というのは実に様々で、たとえば子供の頃一緒だった犬の写真が小さな金属のフレームにはいっていて、下に「Mr Binks」とその名前が彫られているものもあるし、北欧神話に出てくるトロールの、手作りの松ぼっくり人形は、Ingrid Bergman(イングリッド・バーグマン)から幸運のお守りとしてもらったものだ。軍人だった父が第一次世界大戦での功績により勲章を授かった時の、Lord Kitchener(陸軍大臣キッチナー卿)の署名入り勲記もある。

"Touching familiar things when I'm learning my lines helps me tremendously," he says. These "things" are as varied as a tiny framed photo of his childhood dog, in a metal frame with "Mr Binks" engraved on the bottom, a handmade pine-cone troll given him by Ingrid Bergman as a good luck charm, and his father's military commendation for service in World War One, signed by Lord Kitchener.


出典は前々回にふれたとおり、題と筆者以外ははっきりしませんが、ひとつの情報として疑問符付きで書いておきます。

On the Holmes Front
by Marilyn Murray Willison
Sunday Mirror magazine (?), November 13 1988 (?)

はっきりしないというのは、たとえばこのeBayの過去の記録(写真つき)では、"source: unknown, published c.1988" となっていて、判型からThe Observerの日曜版ではないか、と書かれていますし、
http://www.worthpoint.com/worthopedia/jeremy-brett-sherlock-holmes-magazine-250219349

こちらのフランスのファンサイト(現在は更新していないサイト)では、July 1989の記事となっていて、掲載紙(誌)はわからないとされています。
http://jbsfasso.free.fr/revuedepresse/revuedepresse.htm


さて、今日のところです。ジェレミーの愛犬Mr Binksのことは、ご存知のかたも多いでしょう。ただ、子供のころ一緒で、ジェレミーが15歳の時(1948年か49年)に死んだMr Binksと、1970年代に死んだMr Binksがいます。すくなくともジェレミーのインタビューを読んだりきいたりするとそうなのです。

写真をみると両方のMr Binks(と思われるワンちゃん)は同じとは言えないけど似ていて、ジェレミーのなかではこの二匹は名前だけでなくその存在もつながっていたんじゃないかしら、と私は想像しています。たとえば15歳の時にMr Binksを失った時の衝撃と悲しみを話した後、Mr Binksを失ってからはもう犬を飼わなかったと言っているのですが、実際には30代でまた、別のMr Binksと暮らしています。ジェレミーの中でMr Binksは言わば一匹だけだったとすれば、理解できます。

Mr Binksについてはまたあらためて書くことにします。

次に出てくるイングリッド・バーグマンからの幸運のお守りのお人形は、この記事以外では読んだことがありません。イングリッド・バーグマンと共演した舞台はA Month in the Country (1965) ですから、23年くらい前の手作りの松ぼっくり人形をずっと持っていたんですね。ジェレミーはこういうものを大切にする性格なんですね。二人の舞台写真はたとえばこちらにあります。
http://jeremybrett.info/st_month.html

他のインタビューで、幸運のお守りとしての馬の蹄鉄を持っている、と言っていた記憶があるのですが、それもイングリッド・バーグマンからじゃなかったかしら。うーん、記憶がさだかではありません。みつかったらまた書きましょう。

最後には父の勲章の勲記について書かれています。軍人としてのお父様の功績にまつわる品を、こうして身近に置いていたのですね。勲章のメダルをアメリカでの舞台公演で持っていたのも、思い出されます。
父の勲章:1985年のインタビューより

こういう思い出の品に囲まれて、部屋を歩きながら時々それらにふれつつ、台詞を覚えているところを想像しています。

RM

追記:イングリッド・バーグマンに関するところ、二つ記憶違いがありました。幸運のお守りについてジェレミーが話している別のインタビューも読んだことがあるという点、そして馬の蹄鉄はバーグマンからとは言っていない点。こちらの記事に書いています。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/694-58035367

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR