Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

大英博物館の収蔵物担当主任のJames Petersさんが、この活動に支援のメッセージを寄せてくださっています。原文は、BAFTA 4 JBのホームページのこちらです。http://www.bafta4jb.com/2010/10/boy-could-he-act/

ずっとジェレミーが出演した作品をみてきて、その作品とご自分の人生とが並んで思い起こされるような、そんな方だとお見受けしました。イギリスにはそういう方がたくさんいらっしゃるのでしょう。ホームズ以外の作品にも言及しながら、これからも多くの俳優達が役を演じるにあたって、まずジェレミーの演技を思い起こし、参照し、自分の演技と引き比べることになるだろう、と言っています。

このかたが名前をあげている作品「The Rivals(ライバル達)」が最近YouTubeにアップロードされましたので、最後にその画像2枚を、そして10月末にこの作品でのジェレミーの写真がファンのフォーラムに投稿されましたので、これも紹介します。

私はずっとジェレミー・ブレットが偉大な諮問探偵を演じるのをみてきました。そして多感な若きホームズファンが、彼のおかげで生涯にわたるシャーロッキアンになっていったのを知っています。私は彼の俳優としての演技力に感嘆し続けており、彼の演技はいつも喜びを与えてくれます。ジェレミー・ブレットはどの作品に出演していても、私たちに深い感銘を与えてくれます。それが「ドリアン・グレイの肖像」であっても、「The Rivals」であっても、そしてシャーロック・ホームズを見事に演じている時であっても。彼が演じた役はこれまでも、そしてこれからも、何度も何度も多くの名優によって演じられるでしょう。そして彼らはいつも、自分の演技をジェレミーの演技と比べることになるでしょう。ホームズは「オレンジの種五つ (The Five Orange Pips)」でかつてこのように述べました。

「だめ、だめ、」ホームズが叫んだ。「しっかりしなきゃ、ほんとにやられてしまいますよ。気力(エネルギー)をふりしぼらないと助かりませんよ。」("Tut! tut!" cried Sherlock Holmes. "You must act, man, or you are lost. Nothing but energy can save you. ")

ホームズが述べたように、ジェレミー・ブレットは、彼が演じた役にエネルギーをもたらしました。まさにジェレミーはしっかりと演じたのです! (Jeremy Brett certainly brought energy to a role and boy could he act!)


最後は 「行動を起こす」のactと、「演じる」のact をかけているようです。「オレンジの種五つ」から引用するあたり、このかたは明らかにシャーロッキアンですね、そして、今回は訳しませんでしたが、「ドリアン・グレイの肖像」と「The Rivals」は共演の役者の名前もあげていて、自分はずっとジェレミーの出演したドラマを見続けてきてよく覚えている、という感じもあらわれています。この文章を読んで、ジェレミーの演技がこれからもずっと私たちの、そして俳優達の記憶に残るだろうということをあらためて確信できて、読んでいて私の中にもエネルギーが満ちわたるような気持ちがしました。

「ドリアン・グレイの肖像」は、ジェレミーがBasilを演じた方 (1976) はDVDになっています。「The Rivals (1970)」はDVDになっていなくて、いわば幻の作品でしたが、この10月にYouTubeに9つに分割されてアップロードされました。これはpart 4へのリンクです。

「The Rivals」part 4から2枚画像を紹介します。クリックしても大きくなりません。この作品は、以前も紹介しましたがジェレミーとJoanの出会いに大きな役目をはたしました。
TheRivals1.jpg
TheRivals2.jpg

二週間ほど前に For fans of Jeremy Brettに投稿された写真です(http://community.livejournal.com/jeremybrett/283030.html)。写真をクリックするとリンク先の写真に飛び、1回クリックで最大になります。写真の下の「Jeremybrett: JB in 'The Rivals' (1970)」の文字をクリックすると投稿記事に飛び、写真は2回クリックで最大になります。



RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/70-cf1c1f68

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR