Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

今年の1月だったと思います。雑誌The Armchair Detectiveの1985年秋号でのインタビューからの抜粋が、The Lineupというウェブサイトに載りました。
http://www.the-line-up.com/jeremy-brett-sherlock-holmes/

このブログでもThe Armchair Detectiveのこの記事を今まで何回かご紹介してきました。
「海軍条約事件」について;1985年のThe Armchair Detective のインタビューより
ホームズとワトスンの友情;1985年のThe Armchair Detective のインタビューより(1)
ホームズとワトスンの友情;1985年のThe Armchair Detective のインタビューより(2)
扉をあけて;1985年のThe Armchair Detective のインタビューより

The Lineupには、私がかつて引用した部分もありますし、そうでない箇所もあります。興味のあるかたは上にあげたThe Lineupのページへどうぞ。

ここでは、このページでも引用されている、「まだらの紐」の中のあるシーンについて話している短い部分を紹介します。このインタビューはジェレミーが「最後の事件」を撮り終えてアメリカにいた頃のもので、Herbertはインタビューアの名前です。

Herbert:シャーロック・ホームズは恐怖という感情を経験しているんでしょうか?もしそうなら、ワトソンはそれを知っていますか?

ブレット:ホームズは経験しています。私は「まだらの紐」の中に、ホームズが恐怖を感じているところを入れました。ホームズは恐ろしさでふるえていて、でもワトスンには背中をみせています。俳優は原作をもとにそれをどう演じるかを選ぶんですよ。ワトスンはその時ホームズがふるえていたのを見ていません。


HERBERT: DOES SHERLOCK HOLMES EXPERIENCE FEAR? AND IF SO, DOES WATSON KNOW IT?

Brett: Yes. I put that in, in "The Adventure of the Speckled Band." Holmes is quaking, but he's got his back to Watson. An actor's got a choice in dramatizing something. Watson doesn't see it.

Interview With Jeremy Brett
by Rosemary Herbert
The Armchair Detective, Vol.18, No.4, Fall 1985
(Source: The Lineup)

手がわななく、あのシーンですね!

これを読んで、あらためて原作をみてみました。

私はピストルを出してテーブルの上においた。

ホームズはもってきた細長いステッキを膝のわきにおき、そのそばへマッチと蝋燭を一本用意した。それからランプの芯を回して消したので、あたりはまっ暗になってしまった。(延原謙訳)


I took out my revolver and laid it on the corner of the table.

Holmes had brought up a long thin cane, and this he placed upon the bed beside him. By it he laid the box of matches and the stump of a candle. Then he turned down the lamp, and we were left in darkness.


確かに原作には、ステッキやマッチや蝋燭を置くホームズの手が恐怖で震えた、という描写はありませんね。

Jeremy Paulによる元々の台本も読んでみました。Scene 47が該当シーンで、そのト書きは以下のようになっています。

ワトスンはピストルをすぐに使えるようにしてテーブルの上におく。ホームズはランプをテーブルにうつして、ベッドの片側に腰かけて、ワトスンに背を向けて通風孔に面する。ホームズは細長い杖を自分のそば、ベッドの上にのせ、さらにマッチと蝋燭をおく。

Watson places his revolver ready on the table. Holmes moves the lamp to the table, then sits on the edge of the bed, facing the ventilator, away from Watson. Holmes puts his long, thin cane on the bed beside him—also some matches and the stump of a candle. Then he puts out the lamp.

The Speckled Band: The Adventures of Sherlock Hollmes
by Jeremy Paul
http://www.amazon.com/gp/product/0860254356?

ここにも震えるという描写はありません。ちなみに実際の映像では原作や台本とは順番が少し違っていて、部屋に入ってすぐにベッドの上に杖をさっと置いて、ワトスンに二度ささやいた後、蝋燭、マッチをベッドの上に丁寧に並べ、そして杖をそのそばに置きなおしていました。ジェレミーがインタビューで言っているのは、その杖を置くホームズの手、です。

ジェレミーは自分が演じるホームズに、原作や台本にはない、恐怖におののく部分を入れたかったんですね。そのことをこのインタビューを読み直して、あらためて知りました。

そして、ジェレミーのなかのホームズは、そういう自分をワトスンには見せたくないと思った、あるいは自分の恐怖心を見せることでワトスンまで恐怖に陥れたくないと思ったのでしょう。

RM

追記:おととい、ジェレミーがIngrid Bergman(イングリッド・バーグマン)と共演して、彼女から幸運のトロール人形をもらったことにふれましたが、今日はこの名女優の生誕100周年の日だそうです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/705-6c38e34d

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR