Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前々回の「僕はジミニー・クリケット:1984年の記事より」で引用した部分のすぐ後です。

撮影がない日には、ジェレミー・ブレットは撮影スタジオがあるマンチェスターで夜ふかしして羽目をはずしている。(ジェレミー曰く「熱狂的なアクロバットダンスを」)踊ったり、食事をしているレストランで、他の客にセレナーデを歌ってあげてびっくりさせたりしている。

When he has a day off from filming, Jeremy Brett lets fly by staying up all night in Manchester dancing ('wild gymnastic dances') or unexpectedly serenading customers with song in the restaurants where he eats.

"Wild gymnastic dances"を「熱狂的なアクロバットダンス」と訳しましたが、どうだったでしょうか。

ダンスについては、以前に下の記事でご紹介したこんな言葉もありました。
The Secret of Sherlock Holmes上演中のインタビュー

踊るのが大好きです。僕の世代が「ディスコ」と呼ぶところに行って、熱狂的に踊るんです!踊りをきちんと習ったことはありませんが、若い頃はダンサーになりたいと思ったことがありました。今でも突然、デルヴィッシュ(イスラム教の托鉢僧)の旋回舞踊のように踊り回りますよ。

やっぱり型破りなダンスであることは間違いなさそうです。

「踊りをきちんと習ったことはない」と言っていますが、バレエを習ったことに触れているインタビューもありました。短い間だったので、「きちんと習った」中には入れなかったということでしょうか。こちらに書きました。
バレエ;1988年のインタビューから

そして上の記事にもあるように、オペレッタ Merry Widow (1968) では美しいダンスを踊っています。ダンスシーンはいくつもあるのですが、このシーンなんていかがでしょう。ステップが奇麗でしょう。DVDになっていませんので、Youtubeからです。
https://youtu.be/ljhxE4oDam8?t=1h5m25s

型破りで熱狂的なダンスの映像は残念ながらみつからないので、かわりに伝統的で美しいダンスの映像をご紹介しました。

RM
関連記事

コメント

ジェレミーなしでは

RMさん、こんばんは。すっかり秋ですね。
9月からちょっと忙しくなり、夏までのような「毎日観まくり読み漁る」ということができなくなってしまったのですが、ジェレミーが好き、という気持ちはどんどん強まっているように感じています。毎日、短時間でも必ず姿をみたり声をきいたり、せずにいられません。ジェレミーなしでは一日が終わらない気がして…って、確かさきさんも仰ってたような(笑)

ダンス素敵ですね。雲の上を跳んでいるように軽やかです。あの魅惑のつまさきを持つ名探偵の足どり、ということを思いました。

ピカップさんに逆エスカレーターで叫ぶジェレミーは、目に浮かぶようで、笑ってしまいました。もージェレミーってば!
自由で、愛に溢れていて、そんなふうに自分も生きてみたい、と思います。

アクロバットダンス!

ジェレミーのアクロバットダンス!
いいですねえ。 
見てみたいなあ。

久しぶりにゆっくりとお邪魔できたんですが,またまた楽しい記事をありがとうございます!
あれこれと妄想がひろがって?顔が勝手に笑ってしまいます。

Merry Widowのジェレミー,本当にすてきですよねえ。
コミカルな場面も楽しめるし,DVDを出してくれたらすぐさま買うん
だけどなあ。

ジェレミーが普段でも回転しながら踊り出す,と言うのも,何と言えばいいんでしょうね?楽しいです。くすくす笑ってしまいます。

Merry Widowはまだすべてを見ていないんですが,歌いながら合間に一回転したりしていますね。
そういえばホームズでも「美しい自転車乗り」のボクシングシーンで最後に一回転していましたね。
いろんなシーンのジェレミーの動きを思い浮かべながら,RMさんの記事を楽しんでいます。

それにしても,ジェレミーは本格的に踊りを習ったことはない,と言っているんですね?
あんなに動きがきれいなのに。
ドラマの中のちょっとしたシーンでも,何度見ても見飽きないほどなのに。
わたしは音楽にもダンスにも知識はありませんが,ジェレミーの動きにはミュージカルを見ている時のような喜びを感じます。

なんて書いていると,また何か見たくなりますね。
今日は時間がとれそうだから「ギリシャ語通訳」にしようかな?
ディオゲネスクラブの受付?でのホームズ,好きなんです。
ワトソンに話しかけながら,軽くステッキを突いて持ち替えたり,右の手袋をとってシルクハットと一緒に持ち直したり,何気ない動きなんですけどとってもきれいに見えますよね。
もちろん,そこから先も見所いっぱいですけど。

RMさんもお忙しいでしょうけど,ゆっくりペースで楽しい記事をよろしくお願いします。勝手なお願い,という気もするんですけど(笑)

まるさんも忙しくしていらっしゃるのですね。
わたしもここのところ,なかなかホームズを見る時間をとれないでいるんですよ。

一緒ですね!
こんなことが一緒でもしょうがないかな・・・
もちろん見られないでいる間も「時間ができたら何を見ようかな?ふふふふ(不気味ですね)」なんて考えて楽しんでいますが。
ほとんど遠足前の小学生状態ですが,本当に次は何にしようかな?

やはり,順序よく「ノーウッドの建築業者」かな?
この話がまた,大好きで・・・
考えていると今すぐに見たくなりますね。
今はがまん,がまん。

では,お邪魔しました。

メリーウィドウは昔から好きな曲でした。舞台はみたことなく、CDのみですが。カラヤン/ベルリン・フィル、ダニロヴィッチ伯爵はルネ・コロです。ドイツ語なので、言葉の意味は日本語対訳を見ながらでないとさっぱりですが、なにしろ楽しい演奏で、音と雰囲気だけでもとても愉快です。
ジェレミーの英語の歌を聴いて「I love you」とかきこえてなんか新鮮でした。新鮮というかキャー!って感じ(笑)
カラヤン盤を聴くときにも今までとは違った感慨があるでしょう。

さきさん
ノーウッド大好きですー!
「昨日指紋は無かった」と、階段下りかけで振り返ってワトソンに見せるチャーミングな笑みとか、さいご「彼には仕事が報酬だ」と言うワトソンの「ホームズかっこいいぞ」と思ってそうな顔とか、ホームズの生脚とか(笑)、もー逐一挙げてたらものすごい分量になりそうなぐらい大好きです。
「『ノーウッドの建築業者』を観る会」やりたいです。。
と書きつつ、今日はみる時間ないので、こんな感情的な書き込みだけで失礼せねばなりません。

うしろがみひかれつつおやすみなさい。

まるさん、さきさん、こんばんは!

お二人のコメントと会話を楽しく拝見していました。

まるさん
>ジェレミーなしでは一日が終わらない気がして…って、確かさきさんも仰ってたような(笑)

わあ、すごいなあ。私はお二人に負けているという気がします。

>ダンス素敵ですね。雲の上を跳んでいるように軽やかです。あの魅惑のつまさきを持つ名探偵の足どり、ということを思いました。

あのステップの軽やかさ、素敵ですよね。

>ピカップさんに逆エスカレーターで叫ぶジェレミーは、目に浮かぶようで、笑ってしまいました。もージェレミーってば!

私もジェレミーのことを知ってから、笑いながら「もージェレミーってば!」ってこころの中で言うことがあります。

>自由で、愛に溢れていて、そんなふうに自分も生きてみたい、と思います。

本当にそうです!



さきさん
>Merry Widowのジェレミー,本当にすてきですよねえ。
コミカルな場面も楽しめるし,DVDを出してくれたらすぐさま買うん
だけどなあ。

ほんっとにそうです。BBCで放映されてビデオにもなっていなかったドラマが今回はじめてDVD化されましたので、同じくBBCがつくったMerry Widowもいつか、と念じています。

>Merry Widowはまだすべてを見ていないんですが,歌いながら合間に一回転したりしていますね。

そうそう、あの場面も素敵ですよね!

>今日は時間がとれそうだから「ギリシャ語通訳」にしようかな?
ディオゲネスクラブの受付?でのホームズ,好きなんです。
ワトソンに話しかけながら,軽くステッキを突いて持ち替えたり,右の手袋をとってシルクハットと一緒に持ち直したり,何気ない動きなんですけどとってもきれいに見えますよね。

ええっ、「受付?でのホームズ」というのがどこのシーンかわかりますが、さきさんが書いていらっしゃる動きが私、思い浮かびません。 さっそく見なきゃ!

>RMさんもお忙しいでしょうけど,ゆっくりペースで楽しい記事をよろしくお願いします。勝手なお願い,という気もするんですけど(笑)

ありがとうございます。そう言ってくださるかたがいらっしゃるというのは、とても嬉しいことです。

再び、さきさん、まるさん、こんばんは!

私もお二人の会話にお邪魔します。

さきさん
>やはり,順序よく「ノーウッドの建築業者」かな?
この話がまた,大好きで・・

さきさんもお好きなんですね!
わたし、まるさんが「あの魅惑のつまさきを持つ名探偵の足どり、ということを思いました」が書かれているのを読んで、真っ先に思い浮かんだのは「ノーウッドの建築業者」なんですよ。二階の部屋をまわるシーン、そして焼けこげた材木に飛び乗って、焼け落ちて地面に落ちているものを調べるシーンです。


まるさん
>ジェレミーの英語の歌を聴いて「I love you」とかきこえてなんか新鮮でした。新鮮というかキャー!って感じ(笑)
カラヤン盤を聴くときにも今までとは違った感慨があるでしょう。

ドイツ語版でよく聴いていらしたのですね。私はいくつかのメロディはどこかできいたことがある、というくらいでした。聞き慣れた曲をジェレミーがあらためて英語で歌ってくれるというのは、格別の感慨でしょうね!

まるさんもノーウッド大好きなんですね!名場面満載ですものね。

DVD化

>ほんっとにそうです。BBCで放映されてビデオにもなっていなかったドラマが今回はじめてDVD化されましたので、同じくBBCがつくったMerry Widowもいつか、と念じています。

うわー!そういうこともあるんですね!
もう,DVD発売を念じるしかありませんね。
関係者がなんだか最近,肩が重たくなったなあと感じるほど念じて・・・お祓いでもされてはまずいですね。
ほどよく,念じ続けましょう!

まるさん
「ノーウッド鑑賞会」楽しいでしょうね!
でも私は参加する自信があまりないですねえ。
どんな顔をしてジェレミーを見ているのかと思うと,ちょっと恐ろしいです。
顔にモザイクをかけて参加可,だったらぜひ混ぜてくださいね。

観たい作品、いっぱいあります!

さきさん

>もう,DVD発売を念じるしかありませんね。

Merry Widow、DVDになってほしいですよね!ジェレミー・ファンに限らず、オペラ、オペレッタ、ミュージカルが好きな人に絶対大好評だと思うのですが。

>ほどよく,念じ続けましょう!

私が念じているのは、三つあげればMerry Widow、On Approval, The Rivalsで、かんがえてみるとすべてBBC、そしてすべて(喜歌劇を含む)喜劇なんです。いい画面といい音で観たいなあ。

この三つは家庭用ビデオで撮ったものが残されていますが、まったく観たこともない作品で、いいものもたくさんあるでしょうから、とにかく念じ続けます!

>どんな顔をしてジェレミーを見ているのかと思うと,ちょっと恐ろしいです。

あはは、そうなんですか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/723-078d5d8e

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR