Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

以前、以下の二つの記事で引用したインタビューからもう少しご紹介しましょう。
母からの贈り物:1988年頃の記事より
思い出の品:1988年頃の記事より

上の記事でも書きましたが、このインタビュー記事の切り抜きや雑誌そのものはeBayに時々出るのですが、確実な書誌情報を私はまだ知りません。以下に疑問符つきで記します。

On the Holmes Front
by Marilyn Murray Willison
Sunday Mirror magazine (?), November 13 1988 (?)

どのような経緯で、何に魅了されてClaphamに住むようになったかをジェレミーが話している部分です。

ジェレミーは最上階に住んでいて、この家にはかつて作曲家のEdvard Griegが滞在していたこともある。Clapham Commonを望む、元はヴィクトリア時代に建てられたこの集合住宅が、この4年間の彼の家だ。「1984年にここを買いました。ロサンジェルスを離れた後、住むところがイギリスに必要だったからです。妻のJoanと私は、俳優のAdolph Menjouが以前持っていた素敵なところに住んでいて、そこはあのハリウッドサインのHOLLYWOODの文字のWのすぐ下でした。Joanが病気になった時にガンの治療のためにボストンにずっといたのですが、カリフォルニアの香りとイギリスのよさをあわせもつような場所をロンドンのどこかにみつけたいと思ったのです。」

His penthouse flat, once occupied by the composer Edvard Grieg, is in a restored Victorian terrace overlooking Clapham Common and has been the actor's home for the past four years. "I bought it in 1984, when I needed a base here after leaving Los Angeles. My wife Joan and I lived in a charming place that had once belonged to Adolph Menjou and was right under the W in the HOLLYWOOD sign. When Joan got ill we spent a great deal of time in Boston for her cancer treatment and we wanted to find somewhere in London that combined certain aspects of California with the virtues of England."


Grieg(グリーグ)が一時滞在していたことに関しては、たとえば以下のウェブサイトにも書かれています。
A BRIEF HISTORY OF CLAPHAM, LONDON
http://www.localhistories.org/clapham.html

ノルウェーの作曲家、エドワード・グリーグはロンドン訪問中に、 Claphamの47 North Sideの家に滞在していた。2004年に記念の青い板(ブループラーク)がその建物につけれらた。

The Norwegian composer Edvard Grieg stayed at a house in Clapham, 47 North Side when was visiting London. In 2004 a blue plaque was unveiled on the house where he stayed.


ここにある住所は、ジェレミーが以下の手紙にも自分の住所として書いています。
私信(2)

グリーグを記念するブループラークについてはこちらもどうぞ。写真があります。Lambethの項の上から11番目です。
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_English_Heritage_blue_plaques_in_London#Lambeth

カリフォルニア州ロサンジェルスで住んでいた家が、ハリウッドサインのWの文字のすぐ下というのは、他でも読んだことがありました。イギリスでも、そこを思い出させるような場所をさがしていたのですね。

それではClaphamのどこにカリフォルニアの感じがしたか、ジェレミーが話しているところを多分次回ご紹介します。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/724-c21f5f2f

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR