Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

忙しい時にはとりわけ本を読みたくなるタイプです。本好きなら誰でも言いますね。そしてさらに、忙しい時にはとりわけジェレミーのことを書きたくなる、というわけです。昨日に引き続き、ただし舞台The Deputyのことはちょっとお休みして、軽く明るいインタビューをご紹介します。

Pete meets JEREMY BRETT
He's a 20th Century ROBIN HOOD
Jackie, 25 February, 1967

このインタビューが載っている雑誌が最近eBayに出品されました。出品者はインタビューのページの写真をつけてくれていて、全部読むことができます。Brettish Empireにあるのをすでに読んだことがあったのですが、当時の雑誌の紙面のままに読むというのも私は大好きです。みなさまはどうですか?

eBayに2回出品されて買い手がなくオークションは終わっていますのでアドレスを書きます。(出品中のものは、入札を考えているひとがいるかもしれないので、アドレスは書かないようにしています。今後またオークションに出るかもしれませんが、いったん終了した時に書いたということで、お許しください。)
http://www.ebay.co.uk/itm/201476993640

ブラウザによって見え方が違うかもしれませんし、携帯電話を持たない私はスマートフォンでどう見えるかもわからないのですが、私の環境では左上にジェレミーの小さな写真がみえます。これがこの雑誌のインタビュー記事についていた2枚の写真のうちの一つです。クリックすると少し大きくなり、その写真をもう一度クリックすると1259 x 1260のとても大きな写真です!この写真もはじめてではないのですが、大きいのがうれしいです。

そして大きな写真が出た後、右側に三角がありますのでこれをクリックすると、1600 x 979の大きさの記事のページになります。記事中の文字が全部読めますね。こちらにもジェレミーの写真がついています。

これはBBCのThe Three Musketeers (1966) でD'Artagnan(ダルタニアン)を演じている時のものですね。髪が長めです。若造のダルタニャンを演じられるくらい若々しい!インタビュー時は33歳、演じたのはその少し前です。

この記事の本文が書き写されているのは、Brettish Empireのこのページです。
http://www.brettish.com/jbjackie.htm

eBayの出品者が"Very rare issue of the UK girl's magazine 'Jackie' from 1967."と書いているとおり、これはイギリスの若い女の子向けの雑誌なので、ジェレミーの言葉もそんな雑誌向けの軽やかさ、かわいさです。たとえばここ。

「このテレビシリーズで演じた若者ダルタニャンは18歳という設定だったんですけど、僕が18歳だったのは、はるか昔でしたからね。」
ジェレミーは17歳の時、台詞のない役を得た。
「最初の恋愛もその時でした」と大きなため息をついた。「主役の女優に夢中になって、赤いバラ12本をプレゼントしました。とても優しい人で、一度僕とデートしてくれたんですよ。」

'D'Artagnan, the adventurer I played in the series, was only supposed to be eighteen, and I was that many years ago.'
Jeremy was seventeen when he had his first 'walk on' film part.
'And my first love affair,' he recalled with a deep sigh. 'I fell madly in love with the leading lady and I bought her a dozen red roses. She was very kind and even took me out once.'


赤いバラを贈るというのがジェレミーらしいでしょう。17歳というとまだ演劇学校の学生ですね。原文ではhis first 'walk on' film partとありますから映画(かテレビドラマ)での役ですが、17歳で映像作品に出たというのは今まできいたことがありません。もちろん名前の出ないエキストラだから記録が残っていないということも考えられますが、これは学校の舞台じゃないかと想像します。ジェレミーが確か別のインタビューでは若い頃に夢中になったひととして、The Central School of Speech and Dramaで一緒だったある女優の名前をあげていたと思うのですが、ちゃんと記事がみつかってからにしましょう。

ポップス、好きですよ。家ではレコードプレーヤーのスイッチがいつもはいっています。ビーチ・ボーイズとフォー・トップスはとてもいいですね。

'I'm quite a pop fan. In my flat the record player is never off. I really rate the Beach Boys and the Four Tops.'


クラシック音楽の声楽曲ではなく、ポップスのグループ名をあげているのはめずらしいです。少女向けの雑誌ということも考えたかもしれませんね。

音楽以外の趣味は散歩と乗馬、それから彼はア−チェリー愛好家だそうで、つまり弓矢を手にした現代のロビン・フッドだ。好きな食べ物は昔ながらの揚げ物フルイングリッシュブレックファストで、最高の飲み物はシャンペンだ。

Apart from music, Jeremy's hobbies are simply wandering about, horse riding, and he says he is a toxophilite, which means he's another Robin Hood with bows and arrows. Favourite food is a good old-fashioned fry up and top drink is champagne.


シャンペンは若い時からかわらないんですね。a good old-fashioned fry upというのはfish and chipsでしょうか。

追記:これはフルイングリッシュブレックファストのことだと、さきさんに教えていただきました。コメント欄をご覧ください。
http://upwardjb.blog112.fc2.com/blog-entry-736.html#comment-title
さきさん、ありがとうございました!


こんなふうで、リラックスした雰囲気のインタビュー記事です。

RM
関連記事

コメント

ジェレミーの好きなポップス

以前にジェレミーの好きなポップスがわかったら教えて下さいね,とお願いしたことがありますが,この雑誌に出ていたんですね。

わーい,紹介ありがとうございます。
フォートップスは曲を聴けばわかる程度しか知らないですし,ビーチボーイズも詳しいわけではないんですが,どちらもコーラスグループなんですね。
きれいなハーモニーを楽しんでいたのかな?それともビーチボーイズが次々とヒット曲を出していた頃の,いかにもアメリカ西海岸らしい明るさ(行ったことはないんですが)が気に入っていたのかな?なんて,あれこれ考えて喜んでいます。

「三銃士」はYouTubeで本当に少ししか見たことがないんですけれども,女の子向け雑誌から取材がくるほどの人気だったんですね。 
明るくて元気いっぱいなダルタニアン,ジェレミーにぴったりそうですね。

それからジェレミーの好きな食べ物,としてFry upをあげているんですね。
私も初めて聞いた料理名なんですが,その説明をしているブログがありました。
http://potency.jp/magazine/world/london/2015/11/04/
フルイングリッシュブレックファストをイギリス人はFry upと呼ぶ,ということで,その理由も書いてあります。
何もかも油で焼いて料理されているから,ということでした。

私は人間が古くなってきたせいか(笑)辞書か本などの紙に印刷してある物で確認してみたいのですが,今のところ自宅にあるささやかな本ではみつかりません。
それから人間が古い,と言うわけでアドレスをうまく貼れていない気がします・・・ごめんなさいね。

ちょっとだけ,こんばんわ

・・・・・・
なんだか,食べ物関係の話になるとテンションが上がるような・・・

人間性が出ちゃいますねー(笑)

でも,ジェレミーの好きなFry up,食べてみたいです。

朝からフライなんですね!

さきさん、おはようございます。

>なんだか,食べ物関係の話になるとテンションが上がるような・・・

うふふ。

>でも,ジェレミーの好きなFry up,食べてみたいです。

これ、びっくり、そしてFry up、画像検索でも納得です。アドレスもちゃんと貼ってくださって、ちゃんと読めましたよ!教えてくださってありがとうございます。また後でゆっくりお返事しますね。

少しだけ寒くなってきました

さきさん、こんにちは。こちらは数日前から少し冬らしく、寒くなってきました。

>以前にジェレミーの好きなポップスがわかったら教えて下さいね,とお願いしたことがありますが,この雑誌に出ていたんですね。

あれは今年の4月でしたね。
http://upwardjb.blog112.fc2.com/blog-entry-658.html#comment-title
あの時は「それから若い頃のインタビューで、ジェレミーが好きな音楽としてポップスの曲をあげているのもあるんですよ」と書いてしまっていましたね。ジェレミーがあげていたのは曲名じゃなくて、グループ名でした。ごめんなさい。

>フォートップスは曲を聴けばわかる程度しか知らないですし,

私、知らなかったのでYouTubeで聴いてきました。

>きれいなハーモニーを楽しんでいたのかな?それともビーチボーイズが次々とヒット曲を出していた頃の,いかにもアメリカ西海岸らしい明るさ(行ったことはないんですが)が気に入っていたのかな?なんて,あれこれ考えて喜んでいます。

私もビーチボーイズって、そんなイメージです。こちらもあんまり知らなくって。

>フルイングリッシュブレックファストをイギリス人はFry upと呼ぶ,ということで,その理由も書いてあります。
何もかも油で焼いて料理されているから,ということでした。

そうなんですね!ありがとうございます。手元の(というか、コンピュータに元々ついていた)ウィズダム英和辞書では

⦅英くだけて⦆
1 フライ(料理), 油炒(いた)め.

とあったので、そういう意味があることに気がつきませんでした。上にも書きましたが、画像検索するとたくさん画像がありました。そこからたどった記事によると、イギリス人は何をどう料理するかに主張があるようですね。
"How to eat a full English breakfast", "How to cook a proper full English breakfast"というThe Guardianの記事のコメント欄でもそれぞれ、いろいろな意見がとびかっていました。ジェレミーはどういうのが好きだったのかな。これはおなかがすいている朝にはうれしい朝食ですね。

かわいいインタビューですね!

なんか色々と初々しい感じのインタビューで素敵でした。
一番ヒットしたのは、「この頃からシャンパンの味を覚えていたのか」ということでした(笑)
大人になっても大好きでしたもんね。

ビーチボーイズとか聞いてたんですね!
私もココモとか好きです♪
その時期に応じて、色んなファッションとか音楽とかきいてますね。
ホームズの頃は、アンチャントメロディとか聞いてたと思いますし、こうして色んな時代でその時代生きてたんだなぁと。
私たちはこうして「この時代のジェレミーはああだったのかなぁ」と想像するしかできませんが、同じ時代を生きたかったですね、本当に。しみじみ思います。

そういえば三銃士、あんまり見た記憶がないので、またゆっくり原作見つつ、見返したいです♪

かわいいですよね!

りえさん、こんにちは。
話していることも女の子向けの雑誌ということもあってかわいいし、写真も33歳だけど若いですよね!

>一番ヒットしたのは、「この頃からシャンパンの味を覚えていたのか」ということでした(笑)
大人になっても大好きでしたもんね。

りえさんもイギリスにいらした頃、ブログでシャンパンのことを書いていらっしゃいましたね。

>ビーチボーイズとか聞いてたんですね!
私もココモとか好きです♪

おお、そうでしたか!私は名前くらいしか知らないので、うらやましいです。

>私たちはこうして「この時代のジェレミーはああだったのかなぁ」と想像するしかできませんが、同じ時代を生きたかったですね、本当に。しみじみ思います。

そう、その時その時のジェレミーのことを知るのはうれしいですが、時の流れも感じますね。

>そういえば三銃士、あんまり見た記憶がないので、またゆっくり原作見つつ、見返したいです♪

私もそうです。わ、若い!ということしか覚えてなくて(うふふ)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/736-157f942f

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR