Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

クリスマスというと、The Blue Carbuncle(青い紅玉)ですね!ジェレミーがこの作品に触れているインタビューというと二つ思い浮かびます。今日はその一つを引用しましょう。1992年に雑誌Scarlet Streetに載ったもので、SSとあるのはインタビューアのJim Knüschを、JBはジェレミーを意味します。

Baker Street Regular: Jeremy Brett and Edward Hardwicke
Interviews by Jim Knüsch
Scarlet Street, No.5, 1992

SS: 一番難しかったエピソードはどれですか。

JB: 多分「青い紅玉」です。シドニー・パジェットの挿絵、あの、ホームズがソファに斜めにすわってくつろいでいる絵が素晴らしい。あの姿勢で実際に一日半過ごして、シーンの撮影が終わった時にはまっすぐたてないほどでしたよ。

SS: それじゃ、からだが大変だったということで、精神的にはそうじゃなかったのですか?

JB: あれは見事な推理そのままを短編にしたもので、だからこそ間違ったふうに映像化してしまいがちなのです。この作品は特別に大変だと思ったのを覚えています。


SS: What was the most difficult episode to film?

JB: Probably THE BLUE CARBUNCLE. That Sidney Paget drawing is so marvelous, with Holmes lying sideways on the sofa. I had to actually be in that position for about a day and a half, so that I could very nearly not stand up straight at the end of it.

SS: So it was physically, and not mentally, taxing?

JB: It was an undiluted piece of brilliant deduction. And one so invariably gets it wrong. I remember thinking that was a particularly tough film.


ジェレミーが言っている挿絵、もちろんおわかりですよね。このページの一番上にあります。
https://en.wikisource.org/wiki/The_Adventure_of_the_Blue_Carbuncle

たしかにあの優雅にながながと伸びた格好も、実際に長く撮影すると大変でしょうね。あのシーンはそういう意味でもジェレミーの記憶に残るシーンだったのですね。

そのあとの部分、私の想像はこんなです。あの作品でのホームズの推理、特にジェレミーがその前の部分でも触れていた、帽子から推理できることをワトスンに、ソファでくつろいで披露するシーン、これをそのままホームズの台詞として語らせて、余計なものを足すことなく、みている人をひきつけて納得させるために、制作スタッフもジェレミーもデイビッドも全力をつくしたのではないでしょうか。これは大変だ、とジェレミーが思ったのはそういう理由ではないかと想像しました。


今日の出典のScarlet Streetという雑誌ではジェレミーは何回かインタビューを受けていて、この1992年のインタビューからは以前こちらでも引用しました。
ワトスンをどのように演じたか その2;軍人の血
自分の演技への厳しさ;1992年のインタビューより


さて、このインタビューは実は今ではとあるブログの記事に掲載されていて、全文をネット上で読めます。(ただし誤植があったり、句読点や細かいところがところどころ違っていて、私は元々の雑誌から引用しました。)以下のアドレスのブログの持ち主と、このインタビューをしたProfessor KinemaことJim Knüschとは同一人物ではなさそうです。引用の範囲をこえた、著作権を侵害しそうなページはここでは紹介しないようにしているので迷いましたが、インタビュー当時の状況が書かれていることからも、インタビューアの承諾により、あるいはインタビューア自身の手でアップロードされたと思われますので、ご紹介します(著作権がインタビューアに帰属するかという疑問はありますが)。このブログにはJim Knüschによるインタビューが他にもいくつか掲載されていました。

Professor Kinema's Interviews with Jeremy Brett and Edward Hardwicke
Tuesday, October 21, 2014
http://www.zomboscloset.com/zombos_closet_of_horror_b/2014/10/professor-kinemas-interview-with-jeremy-brett.html

元の雑誌インタビュー記事のタイトルにも、そして上のブログ記事のタイトルにもあるとおり、Edward Hardwickeへのインタビューも載っています。興味のあるかたはどうぞ。またいつか一部を引用してご紹介しましょう。

RM
関連記事

コメント

挿絵から抜け出てきたようです!

「青い紅玉」のワトスンよろしく、季節のご挨拶にうかがいました。
RMさん、今年も心温まる記事、考えさせられる記事、くすっと笑って幸せな気分になれる記事をたくさんありがとうございました!
来年もまた、RMさんとお集まりの皆さんに素敵な一年が訪れますように。

今回は「くすっと笑って幸せな気分になれる記事」でした。こんなにも、挿絵を意識していたんですね!
このシリーズにはよく「まるで挿絵から抜け出てきたよう」な感じを抱いてましたが(止まった映像が挿絵のようなイラストになる、という演出もよくありました)、その陰にはこんな苦労があったのですね~。

ちょっと前のコメント欄でさきさんとお話なさっていたfry-up、現代版でも聞いたような気がするなあ、と思って探してみたら、ハドスン夫人がジョンのブログに"I still do an amazing fry-up."と書き込んでいました。その後のドラマでは、久しぶりに訪れた221Bでハドスンさんの朝食を嬉しそうに味わうジョンの姿がありました。
違うドラマの話ですみません。でも、今でも日本でいうところのお味噌汁のようにfry-upが愛されていることも、そういう味をジェレミーが好んでいた、と知ったのも、なんだかとっても嬉しいことでした。

青い紅玉とイギリスの朝ご飯

ナツミさん,ご無沙汰しています。
「シャーロック」にはFry-up,出てくるんですか!
いいなあ。
グラナダシリーズでは「海軍条約事件」と「まだらの紐」以外はトーストとゆで卵ふたつが定番のようで,ちょっと寂しかったんですよね。くいしんぼのわたしとしては。

「青い紅玉」のあの場面,ホームズが長いすでくつろぎながら推理をする場面は,それまでなんとなく観ていたグラナダシリーズを「これはものすごくおもしろいシリーズなんじゃないかな」と気づかせてくれた,私にとって大切なシーンです。
ジェレミーのすばらしい台詞回しと,その邪魔にならずにしかも良いアクセントとして挟み込まれるワトソンのセリフ,何度観ても飽きません。

今日はクリスマスイヴですね。
やはり,「青い紅玉」を見なくっちゃ。

ところで,シドニー・パジェットの挿絵から抜け出たようなジェレミーの長いすでくつろぐホームズですが,挿絵のホームズは着替えた上にガウンを羽織っているんですね。
ジェレミーはナイトウエアにガウンを羽織っていますが。

この違いはジェレミーファンへのクリスマスプレゼントでしょうか?(笑)

ナツミさん、こちらこそ、今年もありがとうございました。

ナツミさんも、うちをのぞいてくださっているだろうなあと思って、お姿を直接おみかけしない時でもいつも身近に感じていました。もちろん私も朝夕にナツミさんちに向かって目配せのご挨拶をしていましたよ。そしてもちろん、一番最近の記事のチョコレートも堪能しました!

>今回は「くすっと笑って幸せな気分になれる記事」でした。こんなにも、挿絵を意識していたんですね!

よし、挿絵の格好そのままで、とジェレミーもスタッフも意気込んだのでしょうね。でもあの格好はくつろいで気持ち良さそうにみえるけど、本当は大変だったんですね!

>ちょっと前のコメント欄でさきさんとお話なさっていたfry-up、現代版でも聞いたような気がするなあ、と思って探してみたら、ハドスン夫人がジョンのブログに"I still do an amazing fry-up."と書き込んでいました。その後のドラマでは、久しぶりに訪れた221Bでハドスンさんの朝食を嬉しそうに味わうジョンの姿がありました。

わあ、教えてくださってありがとうございます!ジョンはハドスン夫人が作ってくれる朝食が好きで、ハドスン夫人もそれを知っていて嬉しく思っていたんですね。二人の親しさの象徴のようですね。グラナダのハドスン夫人を演じたRosalie Williamsが言っていたのを思い出しました。

She's very fond, I feel, and very friendly with the doctor. She has great respect for him. It's a gentler relationship, but the main thing is that together they share this business of looking after Holmes and seeing that he doesn't go crazy. (Laugh)
Scarlet Street, No.8, 1992

BBCのジョンとハドスン夫人も、親子でもあり友人でもあり、同士でもあるのでしょうね。

>でも、今でも日本でいうところのお味噌汁のようにfry-upが愛されていることも、そういう味をジェレミーが好んでいた、と知ったのも、なんだかとっても嬉しいことでした。

私もです!

さきさん、素晴らしい観察眼と洞察力!

私が気がつかないところ、今年いろいろ教えてくださってありがとうございました。

>「青い紅玉」のあの場面,ホームズが長いすでくつろぎながら推理をする場面は,それまでなんとなく観ていたグラナダシリーズを「これはものすごくおもしろいシリーズなんじゃないかな」と気づかせてくれた,私にとって大切なシーンです。

おお、さきさんにとって特別なシーンだったんですね。

>ジェレミーのすばらしい台詞回しと,その邪魔にならずにしかも良いアクセントとして挟み込まれるワトソンのセリフ,何度観ても飽きません。

そう言えば確かに!ホームズの見事さに目をうばわれがちですが、ワトスンの口調と表情、椅子にすわり、立ち上がり、今度はホームズの脇にすわり、また立ち上がる動きのタイミング、ホームズとの台詞のやりとりのリズム、ああ、今見直したらこちらも飽きないですね!

>ところで,シドニー・パジェットの挿絵から抜け出たようなジェレミーの長いすでくつろぐホームズですが,挿絵のホームズは着替えた上にガウンを羽織っているんですね。
ジェレミーはナイトウエアにガウンを羽織っていますが。

いつもながら素晴らしい観察眼です。気がつきませんでした!

>この違いはジェレミーファンへのクリスマスプレゼントでしょうか?(笑)

うふふ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/737-fb9cc8f5

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR