Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

今日は久しぶりに新聞記事からです。Daily Mailはタブロイド紙の一つですけれども、これは本の文章を要約・抜粋して記事にしたものだということで、それは信用してよいでしょう。本は"Me and My Shadow"という題で、著者はDeirdre Redgraveです。残念ながらアマゾンでもGoogle Booksでも、一部を読めるようにはなっていませんが、参考のためにアマゾンでのアドレスを書きます。
http://www.amazon.co.uk/dp/0006384382

この自伝の著者Deirdre RedgraveはCorin Redgraveと結婚して、後に離婚しました。結婚前はモデルだったようです。Corin RedgraveはVanessa Redgraveの兄、そしてVanessa Redgraveの娘がNatasha Richardson(「ぶなの木屋敷の怪」のバイオレット・ハンター)ですから、Natashaは著者の元のつれあいの姪になります。

ジェレミーはCorin Redgraveの父Michael Redgraveも含めて、三世代にわたるRedgrave家の俳優と仕事をしたことがあります。

以下は、本を要約しつつ引用しているDaily Mailの記事です。

I should have died, but then fate stepped in
By Deirdre Redgrave
Daily Mail, April 11, 1995
* ABRIDGED extract from Me And My Shadow, published by HarperCollins on April 24.

乳がんがみつかり、三週間に一度病院で化学療法を受けることになりました。精神的、身体的な辛さが書かれた後の部分に、ジェレミーの名前が出てきます。

がんと戦っていた間、週に一度特別な楽しみがあった。ジェレミー・ブレット、私達のあの明敏なシャーロック・ホームズが、私がどんな状況かを知ってディナーにさそってくれたのだ。ジェレミーの二度目の奥様はがんで亡くなっていて、彼は私の苦しみをわかっていた。二人が気に入っているレストランの、いつも同じ席を予約して、私をプリンセスのように大切にしてくれた。ウェイターは交際中のカップルに対するように気を配ってくれたが、私達はながい友人で完全にプラトニックな関係だった。それでも、そのようなもてなしを受けるのはすばらしかった。私はがんばっておしゃれをして、お化粧もした。化学療法のために髪が抜けてしまってからでさえ、ジェレミーは私をほめたたえて、いつもすばらしく嬉しい気持ちにさせた。

During this time I had a weekly treat: the actor Jeremy Brett, our incisive Sherlock Holmes, heard about my condition and took me out for dinner. His second wife had died of cancer, and he understood what I was going through. He would book the same table at our favourite restaurant, and treat me like a princess. We had been friends for many years, and although the waiters treated us like a courting couple, our relationship was purely platonic. Nevertheless, it made me feel wonderful. I would take the trouble to dress up and put on make-up, and even after my hair had begun to fall out he would flatter me outrageously.


病気になって定期的に化学療法を受けて、不安とからだの不調とたたかって、でもそのあいだに楽しみにしていることがあったのですね。誰かに大切にされている、気遣われている、自分が少しでも気持ちよく、こころ楽しくすごせる時間がもてるようにと、誰かが願ってくれている。特にこころが弱っているときに、大きな意味をもったことでしょう。お姫様みたいな気持ちになれる幸せというのも、想像できますね。

こういうことを、おおげさじゃなく普通に、自然にできるのがジェレミーらしいと思いました。あたたかさが内からあふれているのでしょう。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/744-1b9367aa

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR