Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回まで、Rebecca(「レベッカ」)撮影中のお話を紹介していましたので、その続きで、アメリカでの「レベッカ」放映時の新聞記事から引用してみましょう。

引用部分で出てくるHitchcock(ヒッチコック)の「レベッカ」は1940年のアメリカ映画で、ジェレミーが出演したBBCテレビ版と同様Daphne du Maurier(ダフネ・デュ・モーリア)の原作を元にしています。Laurence Olivier(ローレンス・オリビエ)がMaxim de Winter(マキシム・ド・ウィンター)役を演じたことでもよく知られています。

New Rebecca Airs
The Dispatch, March 7, 1980
https://news.google.com/newspapers?&id=0AoeAAAAIBAJ&pg=6470,7705429

サー・ローレンス・オリビエは、ダフネ・デュ・モーリアが書いたサスペンス小説の古典、「レベッカ」の新しいドラマでジェレミー・ブレットが「オリビエの有名な役」を演じるときいて、ブレットに電話をかけてきた。いかにも深刻なことだというふりをして、「Max de Winter(マックス・ド・ウィンター)になるそうだけど、僕が死ぬまでは演じないで待っている手もあったと思うよ。」

ブレットは答えた。「でもLarry(ラリー)、もしあなたが死ぬまで待っていたら、それまでほとんど何の役もできないですよ。」オリビエの友人でもある、46歳の俳優ブレットはこう説明する。「古典作品の重要な役ならすべて、彼は演じていますからね。」(中略)

ヒッチコックは原作にいくらか改変を加えたと言えようが、新しい「レベッカ」は元の作品に忠実だ。(中略)

ブレットはオリビエを敬愛しているけれども、自分のド・ウィンターをつくりあげた。「私達の作品のド・ウィンターは、デュ・モーリアの小説に書かれたド・ウィンターです。はるかに大きな闇の部分を持つ男です。」


When Sir Laurence Olivier heard that British actor Jeremy Brett had been cast for 'his' role in a new version of Daphne du Maurier's suspense classic "Rebecca," he called Brett up and said in mock seriousness, "I hear you're playing Max de Winter. You might have waited until I'm dead."

Brett replied: "Larry, if I waited until you were dead there'd be precious little to do in the meantime." A personal friend of Olivier's, the 46-year-old actor explains, "All the great classic parts—he's done them." [...]

If Hitchcock took some liberties with the original story, the new "Rebecca" goes strictly by the book. [...]

Despite his admiration for Olivier, Brett has fashioned his own version of the male lead. "The de Winter of our version," he explains, "is the de Winter of the Du Maurier novel—a much darker fellow.


ジェレミーが、4年間のThe National Theatreの時代を経てオリビエのもとを離れたのが1970年のはずです。Rebecca (1979) の撮影がおこなわれたのは1978-9年頃でしょうが、オリビエとはこの頃も(あるいはもしかしたら、劇団にいた頃の「師」としての関係が終わったこの頃は)こうして電話がかかってくるような親しさだったのですね。"A personal friend of Olivier's"という言葉もそれを示しているようです。

それで思い出したのですが、もうずいぶん前にオリビエからジェレミーへの手紙を、サインや直筆の手紙を扱うサイトでみたことがあります。オリビエが、大きな花束を贈ってくれたジェレミーにお礼を書いていました。久しぶりにコンピュータの中を探してみたら、その時の画像がみつかりました。そこでこの手紙のことを少し書いてみましょう。

手紙に書かれた日付は1987年6月4日、ということはジェレミーが「レベッカ」に出演した1979年から、8年ほど後のことです。そしてオリビエが亡くなったのは1989年7月11日だそうですから、この手紙はオリビエが亡くなるおよそ2年前です。

手紙のはじめにタイプした文字で

Jeremy Brett, Esq.,

とあるその後に直筆のペン字で

My dear Jeremy, most dear!

とあります。本文でも"wonderful bouquet!" と"quite lovely"と、こちらはタイプの文字にペンで線をひいています。

オリビエの誕生日は5月22日だそうですから、この6月4日付けの手紙でふれられているジェレミーからの大きな花束は、ジェレミーからのお誕生日のプレゼントだったのかもしれません。別の意味での花束かもしれませんがとにかく、花を贈るのが好きだったジェレミーらしいですね。手紙の中でオリビエは、

「花束を部屋に入れるために家具を出さなきゃならなかったよ!いや、それは冗談で、とても素敵だった」("We had to take the furniture out to get it into the room! No, it was quite lovely")、

そして

「こんなものすごいスケールで僕のことを思ってくれて、本当に本当にありがとう。」"[T]hank you so very very much for your kind thoughts of me on such a grand scale."

とタイプで記したものの最後にペンでたて棒一本を書き加えて、ピリオドを感嘆符"!"に変えています。最後には直筆のサインの前に、これも直筆で

As ever and
Forever.

とありました。正確にはForeverの部分では"For"の後に二つの点のditto mark(繰り返し記号)で"ever"をあらわしています。


見ていて楽しい手紙でした。ジェレミーにとってオリビエは神様みたいな存在であり、俳優を志すきっかけだったとともに、こういう手紙をやりとりする年長の友人の一人でもあったのですね。そしてそれを生んだのはジェレミーが誰とでも親しくなれる性格だったからかもしれません。こういう親しさがあったからこそ、ジェレミーが「レベッカ」で自分と同じ役を演じることを知って、ジェレミーにあんな電話をかけてきたのでしょうね。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/760-f218fac5

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR