Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

BBC制作のドラマ"The Musketeers"が、「マスケティアーズ パリの四銃士」という題でNHKで放送されていることは、以前ナツミさんのブログで知りました。このドラマでDavid Burke(デイビッド・バーク)の息子 Tom Burke(トム・バーク)が Athos (アトス)を演じていることをご存知の方もいらっしゃるでしょう。

今度の日曜日午後11時からが第六回ですから、シリーズ1、エピソード6の"The Exiles"であるはずです。日本語の題は「国王の母」となっています。エピソード6はAramis(アラミス)に焦点があたっている回で、トム演じるアトスは特別に活躍するというわけではないのですが、折々にみせるリーダーらしい振る舞いと、落ち着いた声をきくことができます。

そしてこの"The Exiles"にデイビッド・バークが出演していることは以前ご紹介しました。
David BurkeとTom Burkeの共演と、二人のインタビュー記事

この回についてのBBCのページはこちらです。キャストの12番目にFather Duvalという役名と、David Burkeの名前がありますね。
http://www.bbc.co.uk/programmes/b03xklh5

デイビッドが演じるFather Duvalは、ある村の教会の老神父で、最初に出てくるのはテーマ音楽が流れる直前です。出演場面は少ないですし、残念ながらトムと一緒の場面はないのですが、それでもうれしいです。

この神父は、人間らしい情と少しの愚かさを持つ、ごく普通の純朴な村の神父です。目立つ役ではありませんし出演時間も短いのですが、この回での重要な役の一人で、こういう普通のひとを演じて作品をささえるのも、とても上手です。私はテレビをみる環境にはないのですが、「マスケティアーズ パリの四銃士」をみていらっしゃるかたは、どうぞ今回ちょっと注意してご覧になってください。


このブログでデイビッドやトムのことにふれた記事のいくつかを下にあげておきます。
いろいろな写真、その1(David Burkeの息子、Tomのことも少し)
今日はDavid Burkeのお誕生日です
David Burkeのインタビュー記事(2012)
Mr Binksのこと(1)、でも脱線してTom Burkeのこと
David Burke, Anna Calder-Marshall, Tom Burkeの写真

デイビッドも参加した去年の9月12日のClaphamでの集まりについては、こちらでふれました。
今日で二十年です そして「こころは一緒」:1995年のインタビューより

その時のデイビッドの挨拶の映像がYouTubeにあります。
05 - David Burke speech


さて、今日の話題はジェレミーからはそれましたので、この機会にもう一つ別のことを。去年の今頃は、第二次世界大戦中に北アフリカからイギリスへ送られた手紙を、Benedict Cumberbatch(ベネディクト・カンバーバッチ)が読んでいる朗読をきいていました。車を走らせながら時折涙を流していたことを思い出します。
朗読のご紹介(でもジェレミーのではありません)

私が朗読やオーディオブックをとても好きなことはその時にも書きましたが、ますます好きになっています。ジェレミーのオーディオブックも大好きで、機会があったらもう少しいろいろ書きたいと思っているのですが、今日はベネディクトからの"Sherlock"つながりで、BBC版でハドスンさんを演じているUna Stubbsの朗読をご紹介しましょう。ハドスンさんが好きで朗読が好きな方がいらしたら、その方に。

日本を舞台にしたお話を読んでいます。これはStory Tellerという、朗読のカセットと本がセットになっているシリーズの中の一冊で、こちらにこのシリーズの本のタイトルと朗読者のリストがあります。それぞれのタイトルをクリックすると、YouTubeへとびます。Una Stubbsが朗読しているのは6冊、他にはジェレミーつながりだと、たとえばJoss Acklandの名前もみえます。 "The Copper Beeches"(「ぶなの木屋敷の怪」)でMr. Rucastle(ルーカスル)を演じた俳優ですね。
https://storytellerwebsite.wordpress.com/the-collection/story-teller-1/

1983年出版ですが、すでに絶版ですのでYouTubeへのリンクを貼ってももよいでしょう。こちらがUna Stubbsが朗読している"The Mighty Prince"で、クリックするとテーマ音楽が終わって朗読がはじまるところからです。画面を大きくすると本の文字も読めます。
https://youtu.be/U7W9dBFz3KQ?t=17s

投稿した人の説明には"A traditional Japanese tale of a prince who learns to look at life in a new way."(日本のむかし話で、若殿が今までとは違う生き方をするようになる話)と書かれています。このシリーズはイギリスでとても多くの子供達が楽しんだそうですから、日本を舞台にしたお話がその中にあったということをうれしく思いました。そしてそれをUna Stubbsが読んだということも。

RM
関連記事

コメント

いよいよ!

RMさん、お知らせありがとうございます!
トム・バークがこの番組に出ているということはRMさんに教えていただいていたので、日本での放映が決まった時は嬉しかったです。

もちろん、トムはトムで素敵なのですが、やっぱりデイビッドの出番、心待ちにしちゃってました。
普段は録画したのを観ていますが、この日はテレビの前で正座して待っていようと思います!

うふふ、正座ですか!

ナツミさん、このページをナツミさんのところで紹介してくださってありがとうございます。私は観ることができないのですが、もしもデイビッド出演回が本当に今日だったら、どうぞ楽しんでくださいね。地味だけど、さすがの演技です。

トム、素敵ですよね。いい俳優に育って、インタビューで言っていることもとてもしっかりしているし、これからずっと、いろいろな役でみることができるだろうと楽しみにしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/761-43a9546d

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR