Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回前々回のインタビュー記事からもう少し。ただし今回はこの中でのジェレミーの言葉ではなく、インタビューの最初に書かれている、インタビューアのジェレミー評です。ジェレミーがどんな感じかがよくあらわれていて、「そうそう、そうなんですよね」と言いたくなります。

このインタビューの書誌情報です。
Interview with Jeremy Brett
by Rosemary Herbert
The Armchair Detective, Vol.18, No. 4, Fall 1985

ここから一部を引用しているのが以下のサイトで、今回の部分はそちらにも載っています。
http://www.the-line-up.com/jeremy-brett-sherlock-holmes/

ただし大文字か小文字か、ハイフンをつけるかなど、些細な点ですが雑誌と違っているところがあったので、下では雑誌での形にもどしています。

私がテーブルについていると、元気いっぱい、いろいろな考えや面白いエピソードをたくさんたずさえて、ジェレミーがやってきた。たばこに火をつけるためにマッチをさがしていたが、ジェレミーに言わせればたばこは彼の「呼吸装置」だ。その様子には、自身が演じているホームズのような厳格さはない。スクリーンでは明晰で厳しい観察眼をみせるその目も、いまはすばやくて、踊るように軽やかな、輝く緑の目だ。(中略)

実際のジェレミー・ブレットはあたたかくて快活で、服装はカジュアル、髪がちょっとくしゃくしゃだ。その声と発音はちょっとしたおしゃべりのときでさえ、撮影のリハーサルのときと同じように印象的だし、何かを実際に説明するためにメーキャップなしに突然ホームズの顔にかわるのをみると、俳優としてのすばらしさがわかる。その鋭い視線とすがたで、目の前にいる話上手な楽しいひとが急にシャーロック・ホームズになる。そしてまたすぐに、彼独特の愛嬌のあるいたずらっぽい笑いにもどるのだ。

I was already seated at my table when Jeremy made his appearance, full of energy, brimming with ideas and anecdotes, and looking for matches with which to start up his “breathing apparatus,” the cigarette. In appearance, he proved far less austere than his Holmes portrayal; the same eyes that seem full of intelligence and scrutiny on the screen are darting, dancing, luminous green. [...]

In person, Jeremy Brett is warm and animated, casually dressed, even a bit tousled. His voice and accent are as impressive in small talk as they are in rehearsed scenes, and his skill as an actor is shown when in a moment he turns his face, without make-up, into that of Holmes, to illustrate a point. The posture and the piercing eyes say it all; suddenly the conversationalist across the table is Sherlock Holmes. Then, just as quickly, his face breaks into a winning, whimsical smile all his own.


"Jeremy Brett is warm and animated, casually dressed, even a bit tousled" (あたたかくて快活で、服装はカジュアル、髪がちょっとくしゃくしゃ)って、目に浮かぶようですね。そのくしゃくしゃぶりは、このインタビューにつけれられた写真をみていただくとわかります。ネット上では"A Dedication to Jeremy Brett"という、更新が2000年に止まった古いサイトでみることができます。
http://www.oocities.org/~smidden/picself.htm
真ん中あたりに"During an interview for The Armchair Detective in fall of 1985, Jeremy was 'casually dressed, even a bit tousled' and 'full of energy.'"とあってその下にセピア色の写真が4枚、横に並んでいるのがそれです。写真をクリックすると本来は大きな写真になるはずなのですが、 現在ではそのファイルが失われています。かわりにウェブアーカイブサイトに保存されているファイルへのリンクが書かれていますので、大きな写真をみたいかたはそちらへどうぞ。

突然ホームズになるところも目に浮かびます。たとえばもう少し後の、BBCの The Wogan Interview (1988)でも、ホームズを演じる難しさを話すところで、一瞬ホームズになってみせますね。
https://youtu.be/eqp_9KBlC3o?t=6m44s
6m53sくらいからホームズになり、そして7m10sくらいからワトスンになります。あるいはジェレミー本人にもどるといった方がよいかもしれません。ここでも"a winning, whimsical smile all his own"(彼独特の愛嬌のあるいたずらっぽい笑い)をみせてくれています。1985年のアメリカでも、この笑顔だったのでしょう。

こんな感じで、実際には言葉だけで読むインタビューですが、ジェレミーをみているような、その声をきいているような気持ちにさせてくれる、インタビュー記事の導入部でした。

RM

追記:そうそう、そういえばBBC4で2004年に放送されたドキュメンタリー A Study in Sherlockの中に、The Wogan Interviewからの抜粋も含まれていたのでした。その部分がYoutubeにあって、こちらの方が画質がきれいですから、まだのかたは下記のビデオもどうぞ。3m26sくらいからホームズになり、そして3m43sくらいからワトスンになります。
https://youtu.be/rA8GxCzSLZY?t=2m58s
ホームズにかわるところも、もっとはっきりわかりますし、その前後の笑顔もなんとも素敵です。

関連記事

コメント

くしゃくしゃ

また素敵な記事ですね!
こういう風に誰かがジェレミーの印象を言葉にしてくれてるのを読むのは楽しいです。

> そのくしゃくしゃぶりは、このインタビューにつけれられた写真をみていただくとわかります。

この写真はじめてみました。髪をなでつけてないときは結構くしゃっとしてるんだよねと思ってはいましたが、これはまた、かなりくしゃくしゃですねぇ(笑) ラブリーv

> たばこは彼の「呼吸装置」

わはは。わたしは喫煙はしないのですが、「ビールは水代り」みたいなものかな。

中略部分も読んでみました。
Rebeccaの謎めいたマックス・デ・ウィンターも、イライザへの恋心があからさまでわかりやすいマイフェアレディのフレディも、この同じ俳優が演じたんだということを I suddenly believe と書いてますね。
いま目の前にいるこのくしゃくしゃの可愛いおじさまがあの鋭い印象の完全な知性の持ち主ホームズを……と思ったら、マキシム、フレディ、というホームズとはまたそれぞれに異なる印象のふたつの役をそれぞれ見事に演じたことも、知ってはいたけど突然稲妻のように実感したのかな、と。
このインタビュアの気持ちを想像すると、なんだか感動しちゃいますね。
I suddenly believe な体験って、望んでもそうそうできるものではないですから。

> BBCの The Wogan Interview (1988)でも、ホームズを演じる難しさを話すところで、一瞬ホームズになってみせますね。

これ。このスッ…と表情が、空気が変わるの、かっこいいですよね! すごいなぁって思います。

うれしいなあ

まるさんも、こういうふうに誰かがジェレミーのことを語っているのを読むのもお好きなんですね。私もです!(と言いながら、ジェレミーに関することなら何でも好きなんですけど。)

>髪をなでつけてないときは結構くしゃっとしてるんだよねと思ってはいましたが、これはまた、かなりくしゃくしゃですねぇ(笑) ラブリーv

そう、かなりくしゃくしゃですよね。もう少し前にはくるくるパーマの頃があって、一部のファンには不評(うふふ)ですけど、これはパーマじゃなくて、ちゃんとなでつけていないだけなんですよね。ジェレミーらしいです。

そうそう、「ビールは水代り」といういいかたがありましたね。ジェレミーにとってのタバコもまさにそんな感じでしょう。

>Rebeccaの謎めいたマックス・デ・ウィンターも、イライザへの恋心があからさまでわかりやすいマイフェアレディのフレディも、この同じ俳優が演じたんだということを I suddenly believe と書いてますね。

私はここは略してしまったのですが、その部分のとってもいい訳ですね!

インタビュアの気持ちもとても的確な言葉で表現なさっていて、私も一緒にその気持ちを追体験できました。そう、知っていることと、実感することは違いますものね。ジェレミーを目の前にして突然わかったのですね。

ホームズにかわるジェレミー、すごいですよね。目の前でみたいなあ。あ、そういえばと思い出したので、まるさんはご存知かもしれませんが、もう少し画質のよいビデオを「追記」でご紹介しています。

ビールは水代わり

まるさん,いいなあ!
わたしは煙草は吸ったことがないんですが,アルコールはなんでもOKです。
でもちょっと体調の具合で,かなりご無沙汰してます。
もうすぐ夏だし,ビール,いいですねえ。早くアルコール生活に復帰したいです。(笑)

くしゃくしゃジェレミーと聞いて,「ノーウッドの建築士」の変装を思い浮かべましたが・・・
さすがにもうちょっときちんとしていますね。
あの浮浪者姿も結構好きなんですが。

お茶はビール代わり

まるさんだけでなくさきさんも、(本来は)お酒OKなんですね。私は食事時に飲むのは、お酒よりは絶対お茶です。もっとも暑い日の一杯目のビールは、いいですね!さきさんの体調がはやく回復して、夏にはおいしいお酒を楽しめますように。

>くしゃくしゃジェレミーと聞いて,「ノーウッドの建築士」の変装を思い浮かべましたが・・・

あはは、たしかにあれよりは身ぎれいでした。でもあれもいいですよね!

アイリーン・アドラーの香水

水出し緑茶,ほうじ茶にハトムギ茶,それからハーブティに,夏の定番の冷たい麦茶,お茶もいろいろと楽しめますよね。

わたしはミルクティーが好きなので,真夏でも朝食にはホットミルクティーです。ミルクはかなりたっぷり入れるのが好きです。
RMさんは何がお好きでしょうね?

RMさんがりえさんのブログに書かれていた,ゲイル・ハニカットの香水の話,とってもおもしろいですね。
俳優さんって,本当に五感をすべて使って演技を作り上げるのですね。
香水とは縁のない人間なので,あの場面を観てそこまでは考えませんでした。

興味深い話なので,ぜひ,ご自分のブログでもとりあげてくださいね。

しかし,あの香水はなかなかいいお値段なんですねー!
高価な香水はたくさんあるから,これくらい当たり前のお値段なのかもしれませんが,わたしはびっくりなのでした。
瓶のデザインもとてもステキで,瓶だけでいいから欲しいなあ(笑)

わーい、ありがとうございます

ミルクティー、私も大好きです。夏もホットというのも私も一緒。コーヒーも紅茶も夏でもホット、水も氷が入っていない方がいいです。甘いものは大好きだけど、飲み物は甘くないものを飲みます。朝食は少しだけあたためたミルクです。思い出せば昔はミルクをあたためるのもお鍋でした。便利になったものです。(その分、風情が失われたところもありますね。)

>俳優さんって,本当に五感をすべて使って演技を作り上げるのですね。
香水とは縁のない人間なので,あの場面を観てそこまでは考えませんでした。

香水と縁がないのも、私も一緒です。
役の中にはいっていく一端を見せてもらった感じです。ジェレミーの場合は、演じているそのときの実際の感覚も重視していたことがよくわかりますね。

>興味深い話なので,ぜひ,ご自分のブログでもとりあげてくださいね。

わーい、ありがとうございます。そう言っていただけるとうれしいです。読んでいるかたが喜んでくださるのを知るのは、うれしいですから。

>しかし,あの香水はなかなかいいお値段なんですねー!

そうなんですか、私はまだ検索していないのですが。

>瓶のデザインもとてもステキで,瓶だけでいいから欲しいなあ(笑)

私も瓶だけでいいなあ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/770-08d6c5bf

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR