Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回引用した1990年の新聞記事から、女性にとってのホームズ像を自分が少しかえてしまったかもしれない、と話している部分を引用するつもりだったのですが、予定を変更して、(多分)次回にまわします。

前回の引用部分でホームズの気に食わない点をあげていましたが、表面上そう見えてもホームズがそれだけではないことをジェレミーはもちろん知っていて、いろいろな機会にいろいろな言葉でそれを語っているのは皆様もご存知でしょう。このブログでもいくつもご紹介しました。でも、今日もまた違う言葉でそれを書きたくなりました。次回予定している、女性からみたジェレミー・ホームズ、ということにもつながるはずです。

引用するのは2004年の新聞記事からですが、この記事の筆者は1989年8月、The Secret of Sherlock Holmesの楽屋でジェレミーにインタビューをしたそうです。(ただ、この記事に書かれたジェレミーの発言がすべてその1989年8月のインタビューからなのかは、厳密に言えば不明です。)

Master of Mystery
Brett remains the screen's definitive Sherlock
by Terry Pace
Times Daily, Sep 15, 2004
https://news.google.com/newspapers?id=vXs0AAAAIBAJ&pg=2282%2C2345201
https://news.google.com/newspapers?id=vXs0AAAAIBAJ&pg=4181,2325690

ジェレミーは、ホームズと自分がどんなに違うかを強調します。

「ホームズと私はこれ以上ないほどかけ離れた性格です」とブレットは主張した。「ホームズはリアリスト、私は救いようのないロマンチスト。ホームズは内向的、私は外向的でどうしようもない。私は賑やかなお祭り男、彼はまじめで人付き合いの苦手な男です。私はホームズと話すために通りを渡ることさえしないでしょう。」

"Holmes and I could not have more vastly different personalities," Brett insisted. "He's a realist, while I'm an incurable romantic. He's an introvert, and I'm a hopeless extrovert. I'm rather a jolly chap, and he's very serious and unsociable fellow. I'm afraid I wouldn't walk across the street to meet him."


自分はan incurable romanticだという、ここでは名詞として使っているromanticという語を、ロマンチストと訳しましたが、これはどんなニュアンスでしょう。前々回 romantic heroという言葉の意味を考えたのと同じで、恋愛感情だけに結びつけるのは間違っていると思います。感情が豊か、情熱的、こころの動きを大切にする、さらにここではrealist(現実主義者)との対比で、想像力が豊か、夢想家という面もあるでしょう。

こんなふうに自分とホームズはまったく違うと言った上で、それでも「大理石の割れ目」から見ると、ジェレミーにはホームズのある面が感じられると話しています。

ブレットは自分とホームズの違いを感じた上で、「大理石の割れ目」をいつもさがして、冷徹な計算機のようなホームズを生身の人間として演じる方法を見つけ出そうとした。コナン・ドイルが描いた姿と大きく食い違ったり、離れたりしない形で。

「ホームズのイメージに対して私が何ができているかをよくきかれますが、答えるのは難しいのです」とブレットは言った。「コナン・ドイルが書いたものに忠実であるようにとどんな時にも努めています。でもそれだけでなく、ホームズの感情もなんとか引き出そうとしています。表面上はみえにくいけれどもこころの中にはあると思っているからです。ホームズはあの冷たくてよそよそしい顔で、人間らしい情なんてものは寄せ付けないように見えます。でもこころの奥では ---こころのずっとずっと奥では --- ホームズはとても細やかな感受性と感情を持っていると思うのです。」

With that in mind, Brett constantly searched for "cracks in the marble" as he sought ways to humanize Holmes – the cold, calculating reasoning machine – without contradicting or drifting too far from Conan Doyle's original conception of the character.

"I'm often asked what I have given to the image of Holmes, and that's difficult to answer," Brett remarked. "I've tried to remain faithful to Conan Doyle's text at every opportunity, but I have also tried to wring out the human emotion that I believe lies under the surface. Holmes appears to be this rather cold and distant figure who holds the rest of humanity at arm's length. But deep down, I believe – much deeper down – he is a man of tremendous sensitivity and feeling."


ジェレミーにとって自分と正反対の、無愛想でひとと交わらない性格の男を演じる困難、ということのほかに、もう一つの挑戦があったのですね。原作に直接は書かれていないホームズも表現すること、でも原作に忠実に映像化しようという意思に反するようなホームズにはしないこと。そしてそのジェレミーが描きたいホームズとは、"a man of tremendous sensitivity and feeling"(細やかな感受性と感情を持つ男)だと言うのです。ここのホームズの描写が好きです。

ホームズがみせる冷徹さは、決して無感覚・無頓着ゆえのものではありませんね。まわりのひとの感情にも状況にも敏感です。そしてたとえ表には出さなくても、こころの中でホームズ自身の感情も動いている。この感受性と感情があるからこそ、犯行時の様子をまざまざと思い描いたり、次の展開を予想できたりもするのでしょう。そして推理に直接関わる、探偵として最も重要な面における敏感さだけでなく、ジェレミーが表現する人間ホームズとしての感受性と感情にも、私たちは魅了されます。

RM
関連記事

コメント

そう!そう!そう!

このところどの記事も毎回,情報には「そうなんだ!」RMさんの考えには「そう!そう!」と思いながら読んでいます。
全部引用すると大変なことになるので,ものすごく雑な感想でごめんなさいーーー

本当にジェレミーは原作を大切にしながら,推理マシーンのホームズから人間らしい暖かさを引き出そうと試行錯誤しているんですね。

最後のシリーズでは,かなり人間らしくなったホームズの集大成?が観られるような気がしますが,いかがでしょう?

このシリーズはジェレミーの体調が気になってしまうので,見ることはあまり無いんですが。

「三破風館」ではケーキをおいしそうですね,と褒めて食べていますし。(ホームズが食べるということについては,RMさんが以前ブログで取り上げていましたね)
「瀕死の探偵」ではワトソンのネクタイを褒めていたし。(ホームズとしては褒めているんだと思うんですけど,どうでしょう?)
さらに依頼人を美人だと言って,彼女が部屋に入る前には暖炉の前でかっこつけて立とうとするし(ジェレミーの体調を忘れて笑ってしまいました)
話の最後にはハドソン夫人に子供みたいにしかられて,びっくりするし。
「赤い輪」では涙をみせるし,「ボール箱」ではワトソンにあげるクリスマスプレゼントで悩むし。
でもホームズにあげるプレゼントのほうが絶対に難しいと思いませんか?
ワトソンならプレゼントの中身に係わらず,心から喜んでくれると思うんですけど。

そんなわけで,トラブルの多い最後のシリーズですが,一人の俳優が演じ続けてきたからこそ表現できるホームズを観られるシリーズなんだなあ,という思いをRMさんの記事を読んで改めて強くしました。

さて,次回の記事はRMさんの予告通りになるのか,それとも違うものになるのか!
楽しみに待っています。


名前を変えました

こんにちは。まる 改め ことりです。
RMさんとりえさんには個別にお知らせしてありましたが、6月にTwitterでこの名前でアカウントを作りました(@kotoriih)。Twitterでどういうツイートをするか、どこまで自分の考えを書いたりするか、始めた時にはわからなかったのですが、だいたい定まってきたので、これからはどこでも「ことり」の名でやっていこうと思います。改めてよろしくお願いいたします。

ここしばらく、GYAO!でグラナダ版が毎週2話ずつ無料配信されていて、その感想をTwitterで書くためにスクリーンショットを撮りながらこまかくこまかく(しつこく舐めるように 笑)観ているので、「原作に直接は書かれていないホームズも表現」されていること、ホームズが本当は"a man of tremendous sensitivity and feeling"であること、を改めてしみじみと感じています。
ブルーレイセットを購入してからまだ一年経ってないわたしですが、やはり何度も観ているつもりでも気づいてなかったところ、作品によってはあまり観てないものなどあり、新たな発見も多いです。

> まわりのひとの感情にも状況にも敏感

ホームズのこういうところ、ジェレミーホームズにはまって初めて好きになりました。
順番としてはグラナダ版ドラマにはまりジェレミーに惹かれ最後にホームズというキャラクター自身のことも好きになったのですが、今となってはジェレミーがホームズのことを「細やかな感受性と感情を持つ男」だと言ってくれるのが嬉しいのです。なんか不思議な感じですけど(笑)

ジェレミーが自分の性格を話すのに「incurable」とか「hopeless」とか言ってるのは笑っちゃいます。お茶目だなぁ。

さきさん、名前が変わりましたが、これからもよろしくです。
「三破風館」のケーキつつくとこ、かわいいですよね(*^^*) 初期の頃のホームズならやりそうにもないことだし。
「瀕死の探偵」の「新しいタイ」の件、あれで褒めてるっていう解釈は斬新ですね!(笑) ワトスンが聞いたわけでもないのにわざわざ「ノーコメントだ」ってコメントすることがもう彼としては褒めてるってことなんでしょうか。背を向けててワトスンの方を見てないから、あらかじめ窓から見てちゃんと気づいたってことですしね。
「美人」は、その前に「君の好きな」というワトスンへの当てこすり(というほど嫌な感じではなく)が省略されてるのかな、とも思いました。だってワトスンてば女性の依頼人を「なんて美しいひとだ」って言ったの一度や二度じゃないですから(笑)
暖炉の前でかっこつけるのは、わたしも声出して笑いました。ざっと片付けて暖炉の前に走って(笑)パイプをくわえて……もう、かわいくって笑うしか。

> 一人の俳優が演じ続けてきたからこそ表現できるホームズ

本当ですね! 十年やってたんですものね……すごいなぁ、とあらためて感動。

まちがい

「ブルーレイセットを購入してからまだ一年経ってない」は嘘です。。。「二年経ってない」のまちがいでしたぁ…
月日が経つのは早いなー…(笑)

あと、書き込みに来る前に書こうと思ってたことを忘れてたことにも気づいたので書き足し。

Twitterで、RMさんの記事へのリンクを何度もさせていただいてます。ジェレミーについて話そうとすると、わたしがジェレミーという俳優個人に(「ホームズの人」というところを越えて)辿り着いたのはこちらのブログのお蔭なので、どうしてもわたしがこちらで得たものに触れないわけにはいかないからです。
リンクフリーと書いてくださってるので、事後のご報告になりましたが、これからも記事へのリンクをツイートさせていただくことがあると思います。とても感謝しています。ありがとうございます。

さきさん、ことりさん、こんばんは。

さきさんのお話をうかがって、ことりさんがTwitterでつぶやいていらした内容を思い出しましたよ。いま最終シリーズをご覧になりながらtweetしていらっしゃったから、お話がはずむだろうなあと。そしたらことりさんがここにも書いてくださって、Twitterのアカウントも紹介してくださって、ありがとうございます。

さきさん>本当にジェレミーは原作を大切にしながら,推理マシーンのホームズから人間らしい暖かさを引き出そうと試行錯誤しているんですね。

ジェレミーは本当に演じることが好きなのですね。大切にしたいことがあって、その中で試行錯誤する。さきさんのおっしゃるとおりです。

そして最後のシリーズは、私もあまり観ていないのですが、ことりさんのtweetとさきさんのコメントを拝見して、ゆっくり観たくなりました。最後のシリーズは原作から離れてしまったという意見も多いのですが、それも認めた上で、ジェレミーが演じるホームズがみせる人間らしさを味わいたいと思います。

さきさん>そんなわけで,トラブルの多い最後のシリーズですが,一人の俳優が演じ続けてきたからこそ表現できるホームズを観られるシリーズなんだなあ,という思いをRMさんの記事を読んで改めて強くしました。

本当ですね。変わらないことを良しとする見方もありますが、変わるのを追っていくことができるのもまた、長いシリーズだったからこそですね。

さきさん>さて,次回の記事はRMさんの予告通りになるのか,それとも違うものになるのか!
楽しみに待っています。

ありがとうございます!楽しみにしてくださるかたがいらっしゃると知って、にっこりしています。

ことりさん>RMさんとりえさんには個別にお知らせしてありましたが、6月にTwitterでこの名前でアカウントを作りました(@kotoriih)。

はい、その節はお知らせをありがとうございました。ちょくちょく拝見しています。

ことりさん>やはり何度も観ているつもりでも気づいてなかったところ、作品によってはあまり観てないものなどあり、新たな発見も多いです。

私はぼんやりとしか観ていなかったと、ことりさんやさきさんやほかの方のお話をうかがってつくづく思います。前にもお話したと思うのですが、私は本もパラパラとページをめくって好きなところから読むというたちなので、映像でも抜けているところが多いのですね。ジェレミー、ごめんなさい、です。

ことりさん>今となってはジェレミーがホームズのことを「細やかな感受性と感情を持つ男」だと言ってくれるのが嬉しいのです。なんか不思議な感じですけど(笑)

うふふ、面白いですね。

ことりさん>ジェレミーが自分の性格を話すのに「incurable」とか「hopeless」とか言ってるのは笑っちゃいます。お茶目だなぁ。

そうなんです、私もここ好きです。インタビューアもくすっと笑ったでしょうね。

そしてTwitterでのリンク、ありがとうございます!うれしく拝見していました。プロフィール欄に書いたとおり、リンクはどうぞご自由になさってくださいませ。ことりさんは私よりも、私のブログのどこに何があるかご存知みたいです!私も実はりえさんがご自分のブログのどこで何を紹介してくださっていたか、りえさんよりもよく知っているかもしれません(うふふ)。

褒めるホームズ

ことりさん
おや,かわいいお名前に変わったんですね!
これからもよろしくお願いします。
ツイッターものぞかせてくださいね。

>あれで褒めてるっていう解釈は斬新ですね!(笑)

わたしは身内を褒めるときに照れが入って素直に表現できないほうなので,こんなことを感じるのかもしれませんね(笑)

そんなわたしには,「新しいタイについてのコメントは勘弁してくれよ」といきなり言われて自分のネクタイを眺めるワトソンは,この時まで新しいネクタイを締めているのをすっかり忘れていたんじゃないか,と思えます。
で,相変わらず鋭いホームズの観察力とあまりにもホームズらしい褒め方に思わず笑いながら「Quite heartless, Holmes」と返したのかな?もしかして二人ともこんな会話を楽しんでいるのかな?そうだとするとお互いを承知している長い付き合いだからこそできることだなあ,とそんなことを思ってこの場面を楽しんでいます。

他の方はどんな楽しみ方をしているんでしょうね?

RMさん

>最後のシリーズは原作から離れてしまったという意見も多いのですが

確かに例えば「金縁の眼鏡」には当時盛んだった女性参政権運動を入れてみたりしていろいろ工夫しているんだなあ,とは思うんですが,やはりそれ以前のシリーズに比べるとあまりお話そのものに興味が持てなくて,つい細部を楽しむことになるみたいです。

それにしても飽きっぽいわたしが未だにジェレミー・ホームズを楽しんでいるのは,いろんな情報や皆さんの感想を聞いたり,時々勝手な書き込みをしているからなんだなあ,とつくづく思います。
ほんとだったらとっくに「卒業」しているでしょう(笑)

これからもよろしくお願いします。(^^)

ながーいおつきあいで

>やはりそれ以前のシリーズに比べるとあまりお話そのものに興味が持てなくて,つい細部を楽しむことになるみたいです。

なるほど、そういう楽しみ方も、ジェレミーやスタッフは面白がってくれるでしょうね。

>それにしても飽きっぽいわたしが未だにジェレミー・ホームズを楽しんでいるのは,いろんな情報や皆さんの感想を聞いたり,時々勝手な書き込みをしているからなんだなあ,とつくづく思います。

自分が好きなひとやことやものを、同じように好きなひとがいるというのはうれしいですよね。

>ほんとだったらとっくに「卒業」しているでしょう(笑)

いえいえ、さきさんは、ながーく楽しむ方とお見受けてしています。

>これからもよろしくお願いします。(^^)

こちらこそよろしくお願いいたします。お話できるのがうれしいです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/787-9ef3d79a

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR