Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回と同じこの記事からです。

Late Jeremy Brett takes final bow as Sherlock Holmes
by Lynn Elder
The Daily Gazette, Dec 3, 1995
https://news.google.com/newspapers?id=XHlGAAAAIBAJ&pg=3660%2C774774

なお、前回間違って11月3日付けの新聞記事と書いてしまいましたが、12月3日付けでした。訂正しました。

前回書いたように、Edward Hardwicke(エドワード・ハードウィック)への電話インタビューを含む記事です。エドワードはいろいろと話しているのですが、このところのキーワードである "romance"絡みで、"romantic"という語を含む部分を引用しましょう。"romantic"は以下では一番最後の段落になります

シリーズは成功して、特にアメリカでの評判は高く、ブレットはとても喜んでいた。そしてホームズのイメージを損なわないこと、ドイルの原作に忠実であることを大切にしていた。

「『初歩的なことだよ、ワトスン君』('Elementary, my dear Watson') と誰かが言うのをきくと怒っていました」とハードウィックは言った。一般に考えられているのとは違って、この台詞はドイルの原作には出てこないのだ。

イギリスのグラナダ・テレビ制作のこのシリーズで使う小道具や衣装にも、ブレットは細かく気を使った。

「服が完全に正確にドイルの原作に書かれたとおりであるように、とても注意していました。どのパイプを使うかについても、難しい問題がありました。」

それでもブレットはホームズに対して愛憎の入りまじった複雑な思いを持っていた、とハードウィックは言う。

「ジェレミーはかなりのロマンチストでした。髪に黒いグリースをつけて、あのくすんだ暗い色の服ばかり着るのはいやだったでしょう。彼独特の、華やかな輝きを持っている人でしたから。」


Brett was thrilled by the success of the series, particularly in America, and proved protective of Holmes and the Doyle canon.

"He used to get furious if anyone said 'Elementary, my dear Watson,'" recalled Hardwicke. It's a phrase which, contrary to popular myth, does not appear in Doyle's stories.

Brett was equally watchful when it came to props and wardrobe on the series produced by England's Granada Television.

"He was very concerned that the clothes were absolutely, exactly as Doyle described," said Hardwicke. "There was also a deeply complicated thing about [tobacco] pipes."

And yet, he says, Brett had a "love-hate thing" with Holmes.

"He was a bit of a romantic at heart. I don't think he liked putting all that black grease on his hair and wearing those dull clothes. Jeremy, in his own way, was a very flamboyant person."


アメリカでの評判が特に高いと書かれているのは、これがアメリカの新聞であるということもその理由でしょう。前回のイギリスの新聞記事では、日本で特に人気が高いとなっていましたね。要するに、世界中の人たちが夢中になったのですよね!

演じるにあたってジェレミーが原作をとても大切にしたことは、誰もが口にします。衣装、パイプなどの小道具にも気を配ったことも。

そのようにして熱心に取り組んだにもかかわらず、ホームズに対して"love-hate thing"(愛憎の入りまじった複雑な思い)を持っていたと言うのです。あるいは、そのように全身全霊で演じたからこそホームズが嫌いになった時もあった、とも言えるでしょう。

これはジェレミーのいろいろな言葉からもうかがえますね。自分はホームズとは似ていないといつも言い、あまり好きなタイプではないとしばしば言っていました。ホームズはとても難しいが演じ甲斐がある役だと言っている時がほとんどですが、もう演じたくないと話しているインタビューもあります。

ジェレミーとホームズが相容れないことの例として、エドワードはホームズの黒い髪、黒っぽい服といった外見のことを言っています。もちろん外見はしばしば内面を反映するものです。ジェレミーもホームズのことを"damaged penguin"なんて言っていましたね。そしてエドワードはジェレミーについては"flamboyant"という形容詞を使っています。華やかな輝きで人を引き付ける、という意味でしょう。ジェレミーの外見と内面の両方で、華やかな輝きを感じます。

でもジェレミーだけではなく、ジェレミーが演じるホームズも輝いていますね。「華やか」とは言えないにしても、その暗さも含めて輝いています。私がジェレミーのホームズに夢中になってまず感じたのは、その輝きでした。NHKで放映された時からジェレミー演じるホームズが好きでしたが、本当に夢中になって引き付けられたのは、宝島社のDVDブックを毎月楽しみに購入して久しぶりに観てからでした。そしてジェレミー・ブレットという人のことも少し知りはじめたとき、どうしてこんなに輝いている人が、愛する人を失い病に苦しんで死ななければならないのだろう、という疑問が私の中で大きくなりました。そこから思わぬ形で私の旅がはじまって、生きることとか、人生で苦しみに会うこととか、死ぬこととか、そういうことへの気持ちが次第に(あるいは突然)変わっていったのでした。

記事の引用部分にもどりますと、エドワードは"flamboyant"という形容の前に、"He was a bit of a romantic at heart"と言っていて、ああ、ここにも"romantic"が、と思ったのでした。

RM
関連記事

コメント

romanceはジェレミーのキーワード?

三部作どころか,ロマンス特集になっていますね(^o^)

>でもジェレミーだけではなく、ジェレミーが演じるホームズも輝いていますね。「華やか」とは言えないにしても、その暗さも含めて輝いています。私がジェレミーのホームズに夢中になってまず感じたのは、その輝きでした。

本当にジェレミーには華やかなオーラがあって,それはホームズを演じている時でさえも,感じられますね。
わたしがそれを一番感じたのは,「四つの署名」を初めて観た時でした。
なぜかというと,この話ではいつものホームズのオーラを感じることがなかったので,びっくりしたのです。

病後の撮影であるというジェレミーの事情を知って,あのオーラはものすごくパワーを必要とするらしいんだなあ,と少し分かった気になったのでした。
そしていつものホームズが,どれほど輝きとパワーにあふれていたのかにも気がつくことができました。

RMさんは次はどこでジェレミーのromanceを探し出してくださるのでしょうか?
(^^)楽しみです。

さきさんは直感のひと、なのでしょうか

今回のコメントも拝見してうなってしまいました。「四つの署名」のジェレミー・ホームズの体調をそこまで感じていらしたとは!

私は、あの作品ではホームズは頭脳だけではなく身体的にも大活躍で、屋根に登るわ、トビーの後を走るわ、テムズ川での捕物にも参加するわで、すごく元気にみえました。病後だと後で知ってびっくりしました。

でもさきさんはどこかで、それまでと違うところを感じていらしたのですね。

>そしていつものホームズが,どれほど輝きとパワーにあふれていたのかにも気がつくことができました。

ジェレミーの輝き、そして目が離せなくなるし決して見飽きない魅力は、本当に素晴らしいですね。オーラという言葉、そういえばありましたね。カリスマという言葉を使っていた記事もありました。生まれながらのものであるとともに、俳優としての訓練と努力によるものもあるのでしょうね。

>RMさんは次はどこでジェレミーのromanceを探し出してくださるのでしょうか?
(^^)楽しみです。

うふふ、romance絡みの記事は今のところもう思いつかないのですが、これからも気をつけているつもりです。

ジェレミーを知って良かった

ジェレミーという人の在り方や生き方に感銘しました。不思議な人だと思ってます。人生に関わるくらい不思議なインパクトです。子供のようなまっすぐさと天然、それにオープンで成熟した自我。そしてアーティストとしての特質(人に何かをもたらす表現者)。いろんな意味で私の理想です・・。
ネット時代でなければ再会することはなかったとしみじみ感謝してます。またいろんなジェレミーを教えて下さい!

すてきな出会い、すてきな偶然

よりしろさん、こんばんは。

>人生に関わるくらい不思議なインパクトです。

私がかつてフォーラムにいたときも、「かっこいい」とか「美しい」とか「好き」といった思いにとどまらない出会い方、関わりあい方をしているひとが多くいました。

すてきなひと、尊敬できるひと、面白いひとは、たとえばイギリスの俳優にもたくさんいて、作品をみたり時々ネットのニュースなどでその言葉に触れたりして楽しんでいるのですが、ジェレミーほどには近くに感じません。私たちは多分たまたま、そういうふうなのでしょうね。そしてその偶然に感謝します。

たしかりえさんも、魂がゆさぶられる、という表現をなさっていたような記憶があります。

りえさんのところも、更新なさっていましたね。よりしろさん、どうぞ私たちのところで、またお話をきかせてください。

今週の土曜日の名探偵ポワロ

よりしろさん,初めまして。
よりしろさんが,ジェレミーを
>オープンで成熟した自我
と表現されているのに,惹かれました。

ジェレミーのようにありたいけど,なかなか・・・

>ネット時代でなければ再会することはなかった
と書かれているいますが,昔からお好きだったんですね?
わたしはファン歴3年,RMさんやりえさんのブログでいろんなことを教えてもらっています。

どちらも愛情たっぷりで,ついついのぞかずにはいらないブログですね。
わたしもよりしろさんのお話がもっと聞けるといいな,と思っています。


今週の土曜日,NHKBSで放映中のポワロにエドワード・ハードウィックが出演するんですね。
ワトソン以外のエドワードは観たことがないのでとても楽しみです。

映画「ジャッカルの日」の最後にちょこっと顔を出すのは見たことがあるんですが,あれは本当にちょっぴりで物足りないです(笑)

そういえば一月ちょっと前だったかな,デイヴィッド・バークがゲストだった回も観たんでした。
この時は出演するのを知らなかったのでうれしくて,お話はそっちのけでもっとデイヴィッド・バークが出てこないかな,とそればっかり考えていました。

ポワロは1930年代のイギリスが見られるので,それも楽しいです。


さきさんこんにちは!

はじめまして!
貴重な情報を頂いてコーフンしております。ジャッカルの日、とは懐かしいです。大好きで何度も繰り返し観たはずですがまさかワトソンが出ていたとは。ジャッカルを演じた俳優はこの映画で好きになりましたがジョアンナ・ディビッドの旦那さんだと知ったのは最近です(というか、グラナダシリーズを通じてです)。ジャッカルはハリウッド版のリメイクがありますが昔の方ですよね。チェックしなければ!
ポワロにはワトソンが二人とも出ているんですね!今はBS がない!DVDかネット配信を探すしかない、けれどそれも楽しみです。
グラナダとジェレミーを通じていろんな方と繋がれて嬉しいです。ファンとしては駆けだしですので情報は疎いです。どうぞよろしくお願いします!
RM さん、交流の場の提供ありがとうございます!

ジャッカルの日

よりしろさん

ジョアンナ・ディビッドは,「ボール箱」でスーザン・クッシングを演じた人,「レベッカ」ではジェレミーの相手役だった女優さんですね?
エドワード・フォックスの奥さんだとは知らなかったです。
びっっっくりしました!

「ジャッカルの日」は1973年に作られたほうです。
きちんと観たことは一度しかないんですけど,ほんとにおもしろい映画でした。ジャッカルを演じたエドワード・フォックスもかっこよかったし♪
そういえば今週末のポワロには。エドワード・フォックスもエドワード・ハードイック執事役で出演するようですよ。

というわけで,明日のポワロはとても楽しみです。
よりしろさんも観られるチャンスが早くくると良いですね。

さきさん、よりしろさん、こんにちは!

お二人がお話していらっしゃるのを楽しく拝見しています。

ポアロのシリーズにエドワードが出演する回、今日の放映なのですね。私もよりしろさん同様、今日は観ることはできないのですが、うれしい情報でした。

二人のワトスンがそれぞれにポアロに出ていたこと、知りませんでした。eBayに出たポアロの宣伝用の白黒写真にエドワードが写っていて、エドワードが出演したことがあるのはそれで知ったのですが、デイビッド・バークもとは知りませんでした。

さきさん>ポワロは1930年代のイギリスが見られるので,それも楽しいです。

おお、1930年代なのですね、ということはジェレミーが生まれた頃から子供の頃にかけてですね。こんなふうに、年代もジェレミーを基準にする癖がつきますね!

私はジャッカルの日はみたことがないのですが、

よりしろさん>ジャッカルを演じた俳優はこの映画で好きになりましたがジョアンナ・ディビッドの旦那さんだと知ったのは最近です

そうなんですか!ジョアンナ・ディビッドのお嬢さんの、子供の頃のジェレミーの思い出のことを書きましたが、ジョアンナ・ディビッドのご主人のことは知りませんでした。エドワードと共演しているのですね。

イギリスの俳優も、ジェレミーを基準にして頭の中で線でつないでいく癖がついています!

エミリア・フォックス

>そうなんですか!ジョアンナ・ディビッドのお嬢さんの、子供の頃のジェレミーの思い出のことを書きましたが、ジョアンナ・ディビッドのご主人のことは知りませんでした。

そうでしたね!ジョアンナ・ディビッドの娘さん,エミリアはジェレミーからプレゼントをもらった,うらやましい(笑)女の子でしたね。
エドワード・フォックスとご夫婦,ということに驚いてエミリアのことをRMさんが書かれていたことまで頭が回りませんでした。(^_^;)

いつかエミリアのお芝居を見るチャンスがあると良いなあ。
お母さんに似ているでしょうか?

>おお、1930年代なのですね、ということはジェレミーが生まれた頃から子供の頃にかけてですね。こんなふうに、年代もジェレミーを基準にする癖がつきますね!

そうなんですよね!
この頃のジェレミーは小さな男の子で,元気いっぱいに遊びまわっていて,でも乳母やお母さんを見かけると,走ってきてペッタリはりついて甘えたりしてたのかな?なんて思います。

A.D.とB.C.じゃないけれど,ジェレミー以前,ジェレミー以後,そんな感じです(^^)

男の子の姿が目に浮かびます

>そうでしたね!ジョアンナ・ディビッドの娘さん,エミリアはジェレミーからプレゼントをもらった,うらやましい(笑)女の子でしたね。

うらやましいですよね!子供のときにジェレミーに会ってそれを覚えているって、いいなあ。
エミリアが演じてているところ、いつかみてみたいです。私はお父さんの方を知らないのですが。お父さんに似ているでしょうか、それともお母さん似でしょうか。

>この頃のジェレミーは小さな男の子で,元気いっぱいに遊びまわっていて,でも乳母やお母さんを見かけると,走ってきてペッタリはりついて甘えたりしてたのかな?なんて思います。

ああ、「走ってきてペッタリはりついて甘える」って、目に浮かぶようです。

>A.D.とB.C.じゃないけれど,ジェレミー以前,ジェレミー以後,そんな感じです(^^)

さきさんの「ジェレミー以前,ジェレミー以後」からの連想で、「ホームズ以前、ホームズ以後」なんてジェレミーが言っていたのを思い出しました。

ジョアンナ・ディビッドの息子

RMさんとりえさんの「ジェレミーのお誕生日おめでとう連動ブログ」を楽しく読みました。
皆さんの書き込みで,お誕生日気分が盛り上がりますね(^^)/

ところで,わたしはジョアンナ・ディビッドの息子とは知らずにエミリア・フォックスの弟を見たことがありました!
フレディ・フォックスといって1989年生まれ,エミリアとはだいぶ年が離れていますね。
お顔はお母さんに似ていて,あまり大柄ではないようで繊細な美少年,といった感じでした。
わたしがフレディを観た「パレーズ・エンド」は2012年のテレビドラマですから,今は印象が変わっているかもしれませんね。

そして「パレーズ・エンド」の原作者はジェレミーが主演した「グッドソルジャー」を書いた,フォード・マドックス・フォードですから,ちょっと無理矢理ですが,ジェレミーとフレディも縁があるような(^_^;)

よりしろさんの書き込みがなかったら,気がつかなかったことでした。

よりしろさん,どうもありがとう♪

確かにお母さん似です

さきさん、こんにちは。
連動ブログも楽しんでくださって、ありがとうございます。

>ところで,わたしはジョアンナ・ディビッドの息子とは知らずにエミリア・フォックスの弟を見たことがありました!

えっ、そうなんですね!今Wikipediaをみてきました。本当だ、お母さんに似ているように感じました。舞台でも活躍しているようで、今年の夏までRomeo and JulietでRomeoを演じていたとありますね。

>そして「パレーズ・エンド」の原作者はジェレミーが主演した「グッドソルジャー」を書いた,フォード・マドックス・フォードですから,ちょっと無理矢理ですが,ジェレミーとフレディも縁があるような(^_^;)

うふふ、やはりジェレミーを中心にして、頭の中でいろんな人を線でつなげますよね!ジェレミーと縁がある人、みんな応援したいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/793-d5595609

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR