Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

今日はジェレミーのお誕生日、先日すでにちょっとはやめのお祝いの言葉をおくったのですが、りえさんの今日の記事への「勝手に連動企画」で書いてみます。りえさんの記事はこちらです。
ジェレミー83歳生誕祭♪

マンチェスターのグラナダ・スタジオが我が家のようだというジェレミーの言葉を紹介なさっていて、そしてコメント欄では撮影の時のお昼寝の話題が出ていました。

そのお昼寝のことでりえさんがリンクを貼っていらした記事、懐かしいです!
「まだらの紐」撮影地 Adligton hall
りえさんの「『まだらの紐』撮影地」の記事への私のコメント、ちょうどこのブログをはじめる時だったんですね!

この二つのりえさんの記事で、ペンシルベニアの新聞The Morning Callの1991年11月10日付けのインタビュー記事を思い出しました。アメリカツアーの時のものです。

Sherlock Holmes In America
by Sylvia Lawler
The Morning Call, November 10, 1991

これは一部を5年ほど前に引用したことがあるのですが、その時は英文併記を原則にしていませんでした。またその頃は有料の新聞データベースでしか読めなかったのですが、現在はThe Morning Callのウェブサイトで全文を読むこともできます。以下のサイトへどうぞ。2ページにわたっていて、以下は1ページ目のアドレスです。
http://articles.mcall.com/1991-11-10/entertainment/2827509_1_sherlock-holmes-charlton-heston-s-holmes-baker-street-irregulars

グラナダ・スタジオはある時期から、観光で回れるようになっていました。ですからジェレミーたちが221Bの部屋で撮影している時に、こういうことも起きたそうです。ジェレミーの言葉です。

グラナダ・スタジオツアーに参加した客はホームズの小さい寝室に入って、時に驚くことになる、とジェレミーは言う。「僕は昼食の後にはいつもそこで昼寝をするんです。りんご一つしか食べませんから。時々ツアーのお客さんがやってきて、ベッドに寝ている『ホームズ人形』をみつけます。僕を『人形』だと思って皆でおしゃべりをしているところに、僕が突然『こんにちは!(HUL-lo)』というと、『あああああああああ!(Aaaaaaaaah!)』って叫ぶのが、すごーく面白くって!」楽しそうに一部始終をやってみせてくれるのだ。

Those who have, he says, are sometimes startled when they turn into Sherlock Holmes' tiny bedroom. "I sleep on the bed during the lunch break because I only ever eat an apple, and sometimes people come through and see this 'dummy' lying on the bed. And they talk as though I were a 'dummy.' And I suddenly go 'HUL-lo' and they go 'Aaaaaaaaah!' and I looove that," his British actor's voice plays out the scenario with relish.


こう話しているジェレミーのいたずらっぽい目と表情が思い浮かびます。

あらためて、ジェレミーにお誕生日のお祝いの気持ちをおくります。

RM
関連記事

コメント

更新お待ちしていました!

RMさん、連動記事有り難うございます~♪
本当にいつも楽しくジェレミーの事で盛り上がれて、嬉しいです♪
これもジェレミーが引き合わせてくれた不思議なご縁ですね、これからもどうぞ宜しくお願いします(*^_^*)

グラナダのツアー素敵過ぎです。
ああ、私たちも参加したかったですよね、もうため息しかでません。
私が行った1996年頃には、すでにホームズのセットは壊されて、見学用に作った展示セットしか見れなかったんですが、
シリーズ最盛期に行った方は、実際のベーカー街のセットに入れて、本当に羨ましい限りです!

茶目っ気あるジェレミーってば、そんな風にお客さんを驚かせていたなんて!
私も、ベーカー街のホームズ博物館に行ったとき、同じ事されました。
展示セットの中に人形が置いてあるのかと思ったら、動き出して、驚かされたことがあります。
あれ、油断しているだけに、すごい吃驚するんです(笑)
ジェレミーも、「くくくっ」と笑いを堪えながら、昼寝の真似をしていたんでしょうね。ふふ。想像しただけで笑みがこぼれます♪
ジェレミーらしい、素敵なエピソード、有り難うございました!

RMさんらしからぬテンションの記事タイトルにびっくり

しましたが、ジェレミーの発言なら納得です(^^;

HUL-lo は「ハ・ロー」ってためる感じでしょうか。おもむろに、ですね。それまで人形なんですもんね(笑) いや、どんなにじっとしてたって人形と思うか!?とつっこみたいですが。
I looove that も目に浮かぶようです。
「楽しそうに一部始終をやってみせてくれる」って書かれたインタビューが幾つもあるんじゃないでしょうかジェレミー。インタビュアも「ほんっとこの人は可愛い人だな!」と思ってそうです。

今日はTwitterでも朝からお祝いツイートが沢山見られて嬉しかったです。普段はジェレミーのこと話してない人がジェレミーおめでとうと言っているのを見ると、ああこんなに世の中のみんなに愛されてるんだ、と思います。

わたしも、あらためてジェレミーにお祝いと感謝を。

人形に見えるなんて(笑)

遊び心満載の大いなる愛の人ですねジェレミーは!私もその場にいたかっです。
記事をとつとつと読んでみましたが、やはり奥さんの死が大きかったのかなあと切なくなりました。あちらで再会して今はまた幸せでしょうね。

お誕生日おめでとう

RMさんと今年もお祝いできて嬉しいです。
過去の記事やコメントを時々見返すと、へ〜、あ〜この時・・。その時のことを思い出せますよね。今、読み返すと違う感想が浮かんできたりして、それもまた楽しく感じます。

RMさんもブログを長く続けてくれて感謝ですよ。

今年は急に寒くなり、紅葉どころか一気に冬です。風邪までひいてしまい、鼻のかみすぎで赤鼻のトナカイですよ。
RMさんもお気をつけ下さいね。クリスマスには少し早いですからね。

わあ、うれしい!

りえさん、こんにちは。連動記事、楽しく書いています。さっきもう一つ書いちゃいました。

>本当にいつも楽しくジェレミーの事で盛り上がれて、嬉しいです♪

ジェレミーのことを話し出すととまりませんし、「つうと言えばかあ」で、話が通じますものね!私がよく覚えているのは、Marcusと奈良で会ったときの会話です。ジェレミーを撮影していた同じ頃、Alec Guinnessの舞台も撮影していたとMarcusが言ったので、ジェレミーはAlec Guinnessとも共演したことがあると私が話し始めて、でも芝居の演目の名前が出てこなかった時にりえさんに助けを求めたら、"A Voyage Round My Father"とりえさんが言ってくださったんです。すごく嬉しかった!

りえさんのブログでこの連動記事を紹介してくださって、ありがとうございます。

>私も、ベーカー街のホームズ博物館に行ったとき、同じ事されました。
>展示セットの中に人形が置いてあるのかと思ったら、動き出して、驚かされたことがあります。

それではホームズ人形を置いておくというのは、ある種の定番なんですね!

>ジェレミーも、「くくくっ」と笑いを堪えながら、昼寝の真似をしていたんでしょうね。ふふ。想像しただけで笑みがこぼれます♪

ジェレミーらしいですよね!

私もつっこみたいです。

ことりさん、こんにちは。うふふ、おっしゃるとおり、タイトルはハイテンションです!

>HUL-lo は「ハ・ロー」ってためる感じでしょうか。おもむろに、ですね。

はい、まさにそんな感じだと思います。Lをためて、loは低いところからゆっくり上がり調子だったんじゃないでしょうか。

> いや、どんなにじっとしてたって人形と思うか!?とつっこみたいですが。

私もです。そしたらジェレミーはにっこり笑って、「他の調度品と自分たちのおしゃべりに夢中だったからね」って言ってくれるかもしれません。

>インタビュアも「ほんっとこの人は可愛い人だな!」と思ってそうです。

私、記事を読むといつも、インタビュアがジェレミーとのインタビューを楽しんで、ジェレミーのことを好きになっていくのを感じます。

>今日はTwitterでも朝からお祝いツイートが沢山見られて嬉しかったです。普段はジェレミーのこと話してない人がジェレミーおめでとうと言っているのを見ると、ああこんなに世の中のみんなに愛されてるんだ、と思います。

Twitterは、普段はいわないけど、こころの中にもっていることの「つぶやき」をきけるのがいいところなんですね。

奥様の存在は大きかったのですね

よりしろさん、こんにちは。

>やはり奥さんの死が大きかったのかなあと切なくなりました。あちらで再会して今はまた幸せでしょうね。

りえさんのブログにもあって、よりしろさんもコメント欄で書いていらしたように、二人は同じお誕生日で、運命的なものを感じていたのでしょうね。そしてよりしろさんが読んでくださった記事にもありましたが、ジョーンの病気がわかったとき「光が消えた」のでしょう。

>あちらで再会して今はまた幸せでしょうね。

はい、そう思います。運命のひとですもの。

今年もお声がきけてうれしいです!

だいさん、こんにちは。わあ、「朋有り、遠方より来たる」という言葉が思い浮かびます。いらっしゃいませ、お帰りなさい!という気持ちです。

>過去の記事やコメントを時々見返すと、へ〜、あ〜この時・・。その時のことを思い出せますよね。

本当にそうです。その時のこと、その時の気持ち、ここに来てくだるかたの優しい気持ちにふれたこと。

>今年は急に寒くなり、紅葉どころか一気に冬です。風邪までひいてしまい、鼻のかみすぎで赤鼻のトナカイですよ。

寒いところにお住まいでしたね。お風邪がひどくなりませんように。どうぞ暖かくお過ごしくださいませ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/795-17d62722

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR