Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

今日は前回の写真からの連想で、
1. 役の顔でない、
2. アップではない、
3. あまり知られていない写真
を選びました。例によって私の好きな「芋づる式」です。

下のリンク先はThe Priory Scholars of NYCというホームズ愛好家グループのウェブサイトです。サイトの一番上に掲げた写真では、たくさんのシャーロッキアンに囲まれて額に入れた何かを手渡されて、ジェレミーが嬉しそうに笑っています。
https://prioryscholarsnyc.wordpress.com

この写真を私は、雑誌の1985年のインタビュー記事に添えられていたときにはじめてみました。インタビュー記事の題や雑誌名は以下のとおりです。
Interview With Jeremy Brett
by Rosemary Herbert
The Armchair Detective, Vol.18, No.4, Fall 1985

インタビュー記事中の写真の説明に、1985年3月27日、ニューヨークのBogie's Restaurantで、ジェレミー・ブレットはThe Priory Scholarsの名誉会員証を授与された、とあります。アメリカ PBS での放送初日は1985年3月14日だそうですから(http://www.ihearofsherlock.com/2014/03/sherlockian-history-30-years-ago-today.html)、その直後ですね。

このインタビューの内容は何度かこのブログでも引用したことがあります。たとえばこちらです。
恐怖の感情:1985年のThe Armchair Detective のインタビューより


半年くらい前でしょうか、上にアドレスをあげた、The Priory Scholars of NYCのウェブサイトをみつけました。このサイトのArchivesにある一番古いページは2014年10月ですから、その頃にサイトをたちあげたのでしょう。ジェレミーが会員に囲まれて会員証を手に笑っている写真の下、Historyという文字をクリックすると、二回の休止期を経て2012年に活動を再開したグループの歴史が紹介されていて、そこでもジェレミーのことが触れられています。
https://prioryscholarsnyc.wordpress.com/about/

そしてアーカイブ中の一番古い記事からの引用です。

PRIORY SCHOLARS AT SIXTY
Susan Rice
https://prioryscholarsnyc.wordpress.com/2014/10/21/priory-scholars-at-sixty/

グループの集まりに参加したもっとも有名なゲストはもちろんジェレミー・ブレットで、1985年の集まりの最初の半時間ほどを、会員と共にすごしました。ジェレミーは本当に楽しい人でした。親しくいろいろなことを話してくれましたし、彼のホームズの特徴をすぐにその場でやってくれました。そしてグループの一人一人の話をきちんときいてくれました。とても残念なことに、私自身は仕事が長引いて、集まりに駆けつけたのはジェレミーがその場を去った後でしたが、皆は目を輝かせて、そのときの会話を一語ももらさず話したくてたまらない様子でした。

The most famous guest, of course, was Jeremy Brett who joined us at Bogie's for a half-hour or so at the start of a meeting in 1985. He was a delight — cordial, informative, quick to demonstrate some trick of his Holmes — and he took the time to listen to individuals in the group. Sadly I had to solve some problem at work and arrived at the meeting moments after he'd left, but everyone was still starry-eyed and eager to report on every word.


ああ、ジェレミーらしい、といつものように思います。

これをみつけたときは、雑誌で写真をみるのとはまた違ったうれしさがありました。ジェレミーがアメリカでこの写真に写ってから流れた時間も含めて感じられて、ジェレミー、このグループの人たちがあなたに会ったことを大切にして、30年ほどの時を経て写真をウェブサイトの一番上に掲げましたよ、とこころの中で話しかけました。

小さいですけれども、笑顔が良い写真です。自分のホームズがアメリカでもホームズを愛するひとたちに受け入れられて、皆とホームズの話ができて、うれしかったことでしょう。

RM

追記:日本やアメリカや世界のほかの国々がこんなことになっているのに、こんな平和な記事を書いていてよいのかという気持ちにもなりますが、今ここでの小さな幸せを自分で感じることと、まわりで起きていることを見て自分で感じることと、きっとどちらも大切ですね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/814-ab28f816

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR