Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回、"As You Like It" の写真を1枚ご紹介したので、そこからの続きでもう少し書きましょう。

舞台"As You Like It" の音声がThe British Libraryにあることを、以前カタログを検索した時に知りました。1967年、The National Theatreの本拠地だったThe Old Vic Theatreでの録音です。
http://explore.bl.uk/primo_library/libweb/action/search.do?dscnt=0&frbg=&scp.scps=scope%3A%28BLCONTENT%29&tab=local_tab&dstmp=1493445524884&srt=rank&ct=search&mode=Basic&vl(488279563UI0)=any&dum=true&tb=t&indx=1&vl(freeText0)=%22As%20You%20Like%20It%22%20%22national%20theatre%22%20jeremy%20brett&vid=BLVU1&fn=search

これはおそらく資料として録音されたもので、市販されることは望めないだろう、The British Libraryに行かない限り、聴く機会はないだろうと思っていました。

ところがYouTubeでこんな音源をみつけてびっくりしました。
https://www.youtube.com/watch?v=RI-SydR5YA0
https://www.youtube.com/watch?v=IEpxtPdiUmk

アップロードした人は説明欄に、1968年10月1日、ロンドンのThe National Theatreが行った"As you like it" の公演の音声、と書いています。デンマーク、コペンハーゲンのFalkoner Centret(コンサートホールの名前)でのライブ録音を、オリジナルのテープから移したものだと記した後で、この人も詳細はよくわかっていないようで、"Please add any additional information in the comments field."(情報を持っている人はコメント欄に書いてください)と記しています。

The National Theatreの"As you like it"は以下の俳優が演じているとして、説明欄に1967年のイギリスでの公演時のキャストをWikipediaを参考に書き並べています。ここにジェレミーの名前があったために、検索でひっかかりました。

この音源の説明を読んで、とても驚いた理由が二つあります。あの演目が好評だったのは知っていたけれども海外公演までおこなったとは知らなかったこと、そしてその音声が残っていて、どうもそれが客席から個人がこっそり録音したのはなく、劇場側が録音したようにとれること。(このYouTubeチャンネルに、この劇場でのいろいろな公演の音声があがっています。)

ただ、このチャンネルの持ち主もこの公演の詳細を知らないようなので、実際には1967年のイギリスでの公演のキャストが皆そのまま、1968年10月にデンマークへ行ったのではなかったかもしれないし、そもそもこれがThe National Theatreの"As you like it" の公演だということ自体が勘違いかもしれないと思いました。Jeremy Brett Informationのページにも、これが海外に行ったという記述はありません。(公演は1967年10月3日から1969年2月17日と書かれています。)
http://web.archive.org/web/20160609143555/http://www.jeremybrett.info:80/st_asyoulikeit.html

どきどきしながら、でも疑いながら音声を再生したとたん、ジェレミーの声が聞こえました。間違いありません!幕があいての第一声がジェレミー演じるOrlando、録音では38秒からです。
https://youtu.be/RI-SydR5YA0?t=38s

いつもながら、音楽的な声と調子だと思います。今までも、たとえばジェレミーで聴き慣れているセリフを別の人が演じていると、ジェレミーの声が持つ表情の豊かさにあらためて気がつきます。

この公演の音声を聴くことができるとは思ってもいませんでした。ただ悲しいことには、シェークスピアの英語は私にはまだ歯がたちません。オーディオブックが大好きな私は、ジェレミーのオーディオブックをこのブログでいくつかご紹介しましたが、耳から聴いてある程度筋が追えるのは、いずれもシェークスピア以外の作品でした。ただしシェークスピアでも"Troilus and Cressida"は、あらかじめ筋を知って、ジェレミーのセリフを文字で読んだ後だったので、耳だけでも楽しめました。この"As You Like It"もいずれそうやって聴きたいと思っています。

なお、この録音の著作権等がどうなっているのかわかりません。このブログでは現在市販されている作品、中古品を比較的容易に手にいれられる作品がアップロードされていても、アドレスを書かないという方針にしています。それ以外はその時々で判断していますが、この録音は市販されていないこと、歴史的音源であることから、アドレスを記載しました。

ジェレミーの声が好きな方、舞台芸術が好きな方、耳から聴いて情景を想像するオーディオブックが好きな方、シェークスピアが好きな方、そして私のように、まだ無理だけどいつかこの作品をきちんと聴いて楽しみたいと思っている方を想像しながら、そのような方に向けてご紹介しました。そういう同士がいらっしゃると嬉しいのですけれども、どうでしょうか。

RM
関連記事

コメント

「ジェレミーの声が好きな方」です!(挙手)

RMさん、また新しい情報をみつけてくださりありがとうございます。
わたしは英語はリスニングで意味をとるのはシェイクスピアでなくとも無理ですが、ジェレミーの声と話し方が大好きなので、こういうのを知るのは嬉しいです!

音楽的、本当にその通りですよね。ところどころビブラートがかかっているように聞こえるし、抑揚や緩急の調子が大好きです。

グラナダホームズも相変らず飽きもせず何度も何度も観返していますが、好きな場面の台詞は音で覚えてしまいますね。言葉としてちゃんと理解して覚えてるわけじゃないのでほにゃららとしか言えないんですけど、リズムと抑揚だけは合っている…という言い真似をよくします(笑)
音楽の旋律のように耳に残るジェレミーの台詞すばらしい。

と書きながらご紹介の音源を聴いてますが、観客が笑っている…何やらどったんばったん…いいなぁ楽しそう(^^)
ジェレミーの舞台での様子を想像しながら音声を聴くのもたのしいですね!

意味もわからず芝居の音声を全部聴くのはつらかろうと思っていたのに結局全部聴いてしまった。。

たのしかった!!

ワーこれは筋は知ってる話だしがんばってところどころでもわかればだいたいどのシーンかってわかるのかも??(そう簡単にはいくまいよ)

…と思ってしまうほど楽しかったです、というご報告でした(^^)/

わーい、同士がここに!

ことりさん、こんにちは。実は「ジェレミーの声が好きな方」と書きながら、心の中で呼びかけていました。ことりさーん、って。でもお呼び立てしては申し訳ないと思って叫ばなかったのですが。

ことりさんは詩の朗読のCD、"I Love, Alas"の記事(http://upwardjb.blog112.fc2.com/blog-entry-18.html)に愛情に満ちたコメントを下さいましたし(あの頃は「まるさん」でしたね)、あの時に「どんな経緯でこのエリザベス時代のひとの愛の気持ちを表現した音楽と詩のプロジェクトに参加したんだろう」と書いてくださったおかげで、Purcell Consort of Voicesのメンバーでカウンターテナー、このLPのディレクターでもあるGrayston Burgessとジェレミーとのご縁が、この"As You Like It"での共演らしいということがわかったのでした。

>意味もわからず芝居の音声を全部聴くのはつらかろうと思っていたのに結局全部聴いてしまった。。

>たのしかった!!

ことりさん、全部お聴きになって楽しまれたのですね!筋ももうご存知なのですね。私はまだちゃんとは聴いていないのです。でもこのお返事を書くために、二人が共演したシーンを探しました。ことりさんもお聴きになったことでしょうが、この劇の最後、二つ目のファイルの1時間21分のところでカウンターテナーの歌声がきこえます。これがGrayston Burgessが演じたHymen(結婚の祝祭の神)の歌声ですね。彼がこのデンマークの公演にも参加したという確証はありませんが、こうして聴いていると、彼と共に舞台にたつジェレミーが想像できます。この歌の少し前にジェレミーの”If there be truth in sight, you are my Rosalind."という感極まった声もきこえます。 

>音楽的、本当にその通りですよね。ところどころビブラートがかかっているように聞こえるし、抑揚や緩急の調子が大好きです。

そう、「抑揚や緩急」という言葉がぴったりです。他の人が、たとえば"Troilus and Cressida"のTroilusのあるセリフを言っているのをたまたまきいたりすると、なんだか味気なく聞こえるんです。あの抑揚や緩急の中にあらわれる感情が好きなのです。

>音楽の旋律のように耳に残るジェレミーの台詞すばらしい。

本当にそうです。だから他の人に違う「旋律」で歌われてしまうと、気になるんですよね。

>観客が笑っている…何やらどったんばったん…いいなぁ楽しそう(^^)
>ジェレミーの舞台での様子を想像しながら音声を聴くのもたのしいですね!

はじめの方のどったんばったんは、ジェレミーが鼻の骨を折ったという、あの取っ組み合いのシーンですね、多分。(もちろんここデンマークで、ではありませんが。)私も想像しながら聴いています。そしてこのあたりの音楽も面白いですね。現代的なサキソフォンの音のようにきこえます。

>ワーこれは筋は知ってる話だしがんばってところどころでもわかればだいたいどのシーンかってわかるのかも??(そう簡単にはいくまいよ)

ジェレミーの声はすぐわかりますから、シーンを特定するのは結構できそうですよね。問題はジェレミーが出ていないシーンです。全員男性で、女性らしい声で演じたりは全くしていないので、役の聞き分けが難しいですね。でもことりさんという同士がいらっしゃるから、私もまずは全部とおして聴くことからはじめます。1968年にジェレミーが舞台で演じている声を、こうして聴くことができるのは幸せです。

ああ、ジェレミーの声が好きな方、この音声を喜んでくださる方とお話できてうれしかった!

すごい・・・

いつも思うことですけど,またまたRMさんは貴重なものを見つけて紹介してくださいましたね。

なんだか宝物探しの名人みたい。

などと言いながら,まだ最初の方をちょっと聞いただけなんですけど・・・
とりあえずちくま文庫で「お気に召すまま」を買う,というところから始めないと,当てずっぽうにせよ,場面を想像することもできないでいるもんから。

わたしもさすがに,グラナダホームズ漬けの日々ではなくなりましたけど,まだまだ時間があると見返しています。
最近は「踊る人形」を見ましたが,見所盛りだくさんのこのお話,わたしにとって印象的なのは,RMさんが裏話を教えてくださった「なぜワトソンが南ア株券へ投資しないことにしたのがわかったか」のシーンです。
この場面でのホームズの台詞回し,なめらかでリズミカルで,言葉がひとつひとつはじけるようで,わたしが「もしかしてこの俳優さんはすごい人?」と思うようになったうちの一つなんです。

今でもこの場面にくると「うわあ〜」と思いながら見ています。
そして,言葉ってこんなに美しいものだったんだなあ,と思います。

というわけで,まずは「お気に召すまま」を手に入れなくては!

お二人に勇気づけられて

さきさん、こんにちは。

この記事を書きながら、「なんてマニアックな」と呆れられてしまうかもしれないと思っていましたから、「宝物探し」と言っていただけてうれしいです。

ちくま文庫、いいですね。松岡和子さんの訳ですね。そういえばちくま文庫の「快読シェイクスピア」を読みたいと思っていたのでした。松岡さんと河合隼雄さんの対談です。読みたい本リストに入れておきましょう。

ことりさんとさきさんに勇気づけられて、もう一回だけマニアックに、この劇について次の記事で書いてしまいます。


>最近は「踊る人形」を見ましたが,見所盛りだくさんのこのお話,わたしにとって印象的なのは,RMさんが裏話を教えてくださった「なぜワトソンが南ア株券へ投資しないことにしたのがわかったか」のシーンです。

このシーンをみるたび私が思い出すのは、ジェレミーの髪型が微妙に変わっているのを、さきさんが裏話をまだご存知ない時点で気がつかれていたことです!
http://upwardjb.blog112.fc2.com/blog-entry-728.html

>この場面でのホームズの台詞回し,なめらかでリズミカルで,言葉がひとつひとつはじけるようで,わたしが「もしかしてこの俳優さんはすごい人?」と思うようになったうちの一つなんです。

あの台詞回し、いいですよね。わくわくする、聞き惚れる、見惚れるシーンです。

>そして,言葉ってこんなに美しいものだったんだなあ,と思います。

ジェレミーは言葉の力を知っている人だったのですね。歌を歌っていたからかもしれないし、構音障害があったことも関係するかもしれません。音声にのった時の言葉の力。それとともに、言葉そのものの力も重んじていたのだと思います。ホームズの物語は、映像だけではなく本を読んでほしい、本を読む方がよい、とさえ言っていましたね。

ほんとにおもしろいです

ちくま文庫の「快読シェイクスピア増補版」,おもしろいですよ!とはりきって書き込もうとして,本をぱらぱらめくってみたら,あらいやだ!ちっとも内容を覚えていないじゃないですか。

ジェレミー主演のマクベスを観るために,松岡さんが訳されたシェイクスピアを読んで,そのおもしろさにびっくり,「快読シェイクスピア」など松岡さんのシェイクスピアの本,河合祥一郎さんのシェイクスピア関連の本から,河合隼雄さんの物語に関する本まで夢中で読みましたが,どうやら再び新鮮な気持ちでこれらの本を読むことができるみたいですね。

楽しみだなあ(ちょっとヤケクソみたいですね)
でも,さすがにマクベスに関しては少しは覚えてます〜
ジェレミー主演の力はすごい!

というわけで,ちっとも説得力ありませんけど,「快読シェイクスピア」おもしろかったでした。

さきさんも本がお好きなんですね

うれしいなあ、本好きの友達との会話は、本の題、その本の作家・著者、登場人物の名前をあげるだけで楽しくつながっていきますが、さきさんも本好きのお仲間ですね。

>松岡さんのシェイクスピアの本,河合祥一郎さんのシェイクスピア関連の本から,河合隼雄さんの物語に関する本まで夢中で読みましたが,

河合祥一郎さんのシェイクスピア関連の本も、私の読みたい本リストの中に入っているんですよ。河合隼雄さんの本は以前ずいぶんいろいろ読みましたが、松岡さんとの対談本はまだなのです。そうですか、面白いですか!

>どうやら再び新鮮な気持ちでこれらの本を読むことができるみたいですね。

これもよくわかります!こんなこと書いてあったのね、と思うのはしょっちゅうです。

それから、自分の本棚をひっくり返すともう一度読みたい本ばかり・よい本ばかりで、もう本を買う必要ないじゃないかと思いつつ、新しい本を買いたくなってしまうんですよね。

本好きの仲間入り

かなりいい加減な読み方で,その上ジェレミーファンになってから少しずつ本を読むようになった人間なので,本好きのお仲間,と言っていただけるとうれしいです!

河合隼雄さんの御本,どこまで理解できているやら,ですが,とても興味深いですね。
その上,河合さんの懐の深い,暖かいお人柄が感じられますし。

「昔話の深層」「昔話と日本人の心」『神話と日本人の心」ぐらいしか読んだことはありませんが,まだ興味を惹かれるタイトルはあります。いずれ読んでみたいと思っています。

とりあえずは手持ちの本を読み返すところからでしょうか?

>これもよくわかります!こんなこと書いてあったのね、と思うのはしょっちゅうです。

>それから、自分の本棚をひっくり返すともう一度読みたい本ばかり・よい本ばかりで、もう本を買う必要ないじゃないかと思いつつ、新しい本を買いたくなってしまうんですよね。

RMさんでもそうなんですか?
ちょっと安心したりして。

じわじわ増える本の置き場には困るんですが,「本」という形が好きなもので・・・
ですから,本が増えるよう,と言いながらこれからも本を買うことになるでしょう。

うれしい悲鳴,ということでしょうか?

本の話はとまりません

さきさん、こんにちは。

>「本」という形が好きなもので・・・

やっぱり本好きさんですね!もうこの一言でわかります。私も「本」という形が好き、紙も好き、文字も好き。言葉が好き、お話が好き。

>かなりいい加減な読み方で

いやもう、いい加減さでは私の方が勝っていると思いますよ。本の題、著者、登場人物の名前をあげるだけで、本好き仲間と話がつながっていく楽しさのことを先日書きましたが、実は私の場合、題も登場人物の名前もあら筋もほとんど思い出せなくても、「あんな場面」とか「こんなふうな会話」とか言いながら、相手に助けてもらいながら楽しく話していますもの。

河合隼雄さんのご本、何を読んだかかなり忘れてしまっていますが、買ったり図書館で借りたりしてずいぶん読みました。1989年頃京都に用事で行った時に、ちょうど河合さんがお話をなさるということを知って、聴きに行ったのも懐かしい思い出です。

本棚のあのあたりにあるはず、と思い出せる本としては、「影の現象学」、「明恵 夢を生きる」、「子どもの宇宙」、「魂にメスはいらない」あたりです。「昔話の深層」、多分読んでいますが多分持っていないし、どんなだったか覚えていないので、これも読みたい本リストに入りました。

「子どもの宇宙」もそうなのですが、河合さんは子どものための本のことをずいぶん書いていらして、それを読んだおかげもあって、私は大人になっても子どものための本をよく読んでいます。昔翻訳で読んだ本を今度は英語で読んだり、子どものころに読み損ねた本を英語で読んだり。英語の「勉強」というのではなく、純粋に好きだから読むことができて、幸せに思います。

言葉だけなら電子ブックでよいのですが、やはり本としての形があるのがよいですよね。そう言いながら、これだけふえると特に英語の本は電子ブックが第一選択になってしまいました。

でも日本語はなぜか、電子ブックで読む気がしません。日本語の本の方が、わたしの中で歴史があるからでしょうか。

それはうらやましい!

>1989年頃京都に用事で行った時に、ちょうど河合さんがお話をなさるということを知って、聴きに行ったのも懐かしい思い出です。

松岡さんとの対談本で感じる河合隼雄さんは,エネルギッシュで,でも穏やか,ユーモラスな方という印象ですが,直接お話を聴けたなんて良いですね。

RMさんが読まれたという「影の現象学」はぜひ読んでみたいと思っています。それから「中空構造 日本の深淵」,この二冊は少なくとも読むつもりですが,きっと読み終わると他の本も読みたくなるんでしょうね。

と言いながら今は松岡さん訳の「お気に召すまま」を読み出してしまいました。
読みかけの本が終わったら読もうと思っていたんですけど,がまんできなくて。

ほんとにこの年になって,という感じなんですけど,おもしろいですね,「お気に召すまま」
オーランドーを思い浮かべる時は,ジェレミーを考えればいいので,とてもとても良いですね。
ただ,どうしてもロザリンドとシーリアはグラナダ版ホームズのままで出てきてしまうのがつらいというか,こわいです・・・

読み終わったら,RMさんの紹介してくださる音源を聴いてみようかな?
なんだか1日60時間ぐらいないと,間に合わない感じですね。

うれしいなあ!

さきさん、こんにちは。今日の記事を書いて、更新し終わったら、さきさんからの2通が届いていました。うれしいなあ!

ゆっくり後でお返事しますね!

思い出がよみがえって

さきさん、こんばんは。

>エネルギッシュで,でも穏やか,ユーモラスな方という印象で

さきさんとお話するまで、河合さんのお話をきいたことさえ忘れていました。そう、飄々とした感じと包容力のある感じと、両方でした。その中で押し付けがましくなく、自分がみているものの中にある根源的なことを、何かのかたちで伝えようとしていらっしゃる印象をうけました。

その時のお話の主題の一つは(禅の)十牛図で、禅画ですから普通は白黒なのでしょうが、ある女性が自分の内面の旅を絵にかきはじめたら、美しい色で描かれた十牛図になった、というものでした。その絵を一枚一枚みせながら、話をなさいました。

さきさんとお話して、その頃のことが少しずつ思い出されてきました。ありがとうございます。


>今は松岡さん訳の「お気に召すまま」を読み出してしまいました。

おお、はやいですね!

>オーランドーを思い浮かべる時は,ジェレミーを考えればいいので,とてもとても良いですね。

うふふ、いいですね。

>ただ,どうしてもロザリンドとシーリアはグラナダ版ホームズのままで出てきてしまうのがつらいというか,こわいです・・・

わはは、これは声をあげて笑いました。

>なんだか1日60時間ぐらいないと,間に合わない感じですね。

いやあもう、本当にそうです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/831-beaa9643

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR