Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

BBC Genome Projectは、イギリスのテレビ・ラジオ情報誌Radio Timesに掲載されたBBCの番組予定表を元にアーカイブを作成する、BBCのプロジェクトです。
http://www.bbc.com/news/technology-29643662

そのtwitterで、5月12日のtweetとして、An Ideal Husband (1969) からの写真が載っていました。Mabel Chilternを演じたSusan Hampshireのお誕生日だったそうです。後ろにいるジェレミーではなくSusan Hampshireの方にカメラの焦点があっていますが、でもこの作品は大好きな作品、Susan Hampshireもとても魅力的だったので、うれしい写真でした。
https://twitter.com/bbcgenome/status/862978158722723842

これはスクリーンショットではなく、宣伝用写真ですね。ビデオテープの時代、そのケースにトリミングされて使われていました。
https://www.amazon.co.jp/dp/B000062XO0
でも大きな写真は私ははじめてです。

面白いのは、この作品をご覧になったかたは気づかれるかもしれませんが、二人の服は最初のパーティのときの写真、でも少しだけ写っている黄色いバラは後半のChiltern家のシーンでのバラに見えることです。

なお似た構図の白黒写真が1969年5月のRadio Timesに載っていましたが、今回の写真ではありませんでした。白黒ですから黄色いかどうかはわかりませんが、その写真にもバラがうつっていました。

下にアドレスを書いたページには今回の写真と同じ、パーティでの二人の写真があります。これもスクリーンショットではなく、2014年にBFI Southbankで上映されるときのお知らせで使われた写真です。それ以前には私は見たことがありませんでした。
https://screenplaystv.wordpress.com/2014/04/28/the-edwardians-play-of-the-month-an-ideal-husband-bbc1-1969/

私はtwitterをしていませんし、BFI Southbankのページもジェレミーがらみで数回しか見たことがありません。それでもこういう辺境(?)にある新しい写真や珍しい写真をみつけるためにどんなことをしているか、書いてみますね。みなさんもうよくご存知のことかもしれませんが。

時々Google Imagesで画像検索するときに、たとえばこの一ヶ月以内の写真、といったフィルターをかけると、この一ヶ月の間に更新されたページに載っている写真がひっかかってきます。そうすると時々私にははじめての写真がでてくるのです。"Jeremy Brett"だけで普通に検索すると有名な写真ばかりがヒットするので、こうしています。Googleでジェレミー関連のニュースや動画を検索するときも同様です。

宣伝のためにたくさん撮られた写真のうちで、当時使われたとしても今ではほぼ忘れられた写真、あるいは実際には使われなかった写真というのはずいぶんあるのでしょう。少しずつそういうものが出てきて、時々検索にひっかかってくるとうれしいと思っています。


An Ideal HusbandはDVDになっています。とってもおすすめです。喜劇ですよ!
https://www.amazon.co.jp/dp/B0019BI1FA
このDVDには他に、ジェレミーがBasil Hallwardを演じたThe Picture of Dorian Gray (1976) も入っています。

RM
関連記事

コメント

理想の夫



いろんな場面のあるお話だけど,やはりジェレミーの演じるアーサーがメイベルにプロポーズするシーンが楽しいですね。

こんなに気の合う二人なのに,なんでアーサーはさっさとプロポーズしないんだろう,と思っていたら「断られやしないか,心配していた」なんて。
メイベルじゃないけど,「アーサーったら,お馬鹿さん」
かわいいシーンで,何度観ても笑ってしまいます。

乗馬の約束をするシーンの,メイベルの黄色い衣装に合わせたように,アーサーがボタンホールに黄色い花を挿しているのもいいですね。
二人の気持ちが合っているのを表しているみたいで。

という具合で,主に二人の場面ばかり観て楽しんでいます。

この作品は本当にいいですよね

さきさんも、このジェレミーが(このジェレミーも)お好きなんですね!私もです。ダンディな独身貴族、ウィットに富んだ、でもお気楽な男、のように見えて、でもそれだけではないのですよね。

>「断られやしないか,心配していた」なんて。

そうそう、こういうかわいいところもあるんですよね、アーサーには。

>乗馬の約束をするシーンの,メイベルの黄色い衣装に合わせたように,アーサーがボタンホールに黄色い花を挿しているのもいいですね。
二人の気持ちが合っているのを表しているみたいで。

うわあ、これは気がついていませんでした!いつもながら、さきさんは鋭い!メイベルが座ったソファの(多分)ひじ掛けにアーサーが軽く腰をおろしたシーンをみたら、メイベルのドレス・帽子にアーサーの黄色い花がみごとに合っていました。

私はメイベルが花瓶に生ける黄色いバラしか覚えていませんでしたが、黄色の花というのはこの作品の中で、二人の互いへの気持ちを象徴しているのかもしれませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/834-f4399963

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR