Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前々回の記事「過去の映像作品の中で、ジェレミーが一番好きなワトスン」でご紹介したジェレミーのインタビューと同じ時におこなわれた、Edward Hardwicke(エドワード・ハードウィック)へのインタビューから引用しましょう。

Baker Street Regular: Jeremy Brett and Edward Hardwicke
Interviews by Jim Knüsch
Scarlet Street, No.5, 1992

SSはインタビューア、EHはエドワードです。

SS: あなたのワトスンは、それ以前にいろいろな俳優が演じたワトスンとは違うと感じていますか。
EH: そうですね、当然、私のは今までのワトスンと違っています。違う俳優が演じているのですから。映像作品ではそれぞれの俳優が自分に近い形で役を演じるものだと思います。私がワトスンと似ていると言っているんじゃないんですよ。医者になって自分のいのちを救うなんて、私にはできませんから。(笑い)
SS: ワトスンを医学の専門家としてみるひとは、そうはいないと思いますが。
EH: 私がそうみていますよ。医者であることは私にとって、ワトスンが持つとても重要な部分なのです。探偵であることは医者であることと、とても似ています。患者が痛みを訴えて「どこが悪いのでしょう」と尋ねたとき、医者は説明しなければなりません。とても探偵と似ていると思います。そしてホームズの捜査のなかに医者と共通の分析的な手法があることが、ワトスンの興味をひいたのだと思います。

SS: Do you see your Watson as being different from those of your predecessors?
EH: Well, inevitably it's different, because you're dealing with different actors. I think when you're dealing in film, you have to play very close to yourself. I don't mean to say that I'm remotely like Watson; I couldn't be a doctor to save my life. (laughs) That's a funny way of putting it.
SS: Not many people think of Dr. Watson as a professional man.
EH: Well, I do; that's a very important part of him. Being a detective is very much like being a doctor. Somebody comes to you in pain and says, "What's wrong with me?" and you have to tell them. I think there's a huge similarity, and this analytical side of Holmes' detection appeals to Watson.


最初のところ、「当然違っている」という答えの部分は、いつもながらエドワードの冷静さを感じます。エドワードは冷静だけど決して冷たくない、皆が言うように、あたたかくてユーモアがあって思いやりのある紳士です。

そしてエドワードは自分の役のことをこんなふうに考えているのですね。これを読んだとき、エドワードのワトスンの持つある一面がわかったような気がしました。冷静に一歩ひいて、観察し分析し、わかりやすく伝え、助けの手を差し伸べる。

David Burke(デイビッド・バーク)のワトスンとエドワードのワトスンを比べるとき、デイビッドの中に元軍人の面をより感じ、エドワードの中に医者の面をより感じるひともいるかもしれません。私もその一人です。もちろん二人とも、両方の面を持っているのですが。

エドワードが、ワトスンの特徴として特に医者であることを大切に思っている、ということをこのインタビューで知って、面白く感じました。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/835-14f852c8

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR