Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

このところ土曜日にここの記事を書くことが多いのですが、明日は外出するので、金曜日の夜に書きます。

前回の記事で、「面白いと思ったのは、絵を描く時のことを例えにあげていることです。ジェレミーのお兄様の一人は画家ですものね」と書きました。そこからの連想で、絵に関する以前の記事にふれたあと、1985年のインタビューから引用します。

まずはジェレミーのお兄様のMichael(マイケル)のこと、その絵がどんなだったかについては以前こちらに書きました。
ジェレミーの兄、Michael Hugginsの絵(1)

ジェレミーがお兄様の絵のモデルになったときのことをちょっとだけ話しているのがこちらです。
ジェレミーのギターと歌

それからジェレミーが学校で好きだった教科のお話。
Mr Binksのこと(2)、のはずが脱線していろいろ
このときは原文を書いていなかったので、あらためて引用しましょう。

"LUCKY PENNY TALKS TO JEREMY (D'ARTAGNAN) BRETT"
by Lucky Penny
from Diana - The Paper for Girls Who Love Good Stories
25 March 1967, #214
http://www.brettish.com/JB_Meets_Diana.htm

ウォリクシャーで生まれたのですね。学校ではどんな教科が好きでしたか。

歴史と美術です。風景画と魚を描くのが好きでした。魚はよくよくみると、とても美しい色をしているんですよ。

You were born in Warwickshire. What were some of your favourite subjects at school?

History and art. I loved painting landscapes and fish--they've marvelous colouring when you get to know them.

というわけで、ジェレミーも美術が得意だったのですね。


さてそれではもう一つ、「絵」ということで思い出したジェレミーの言葉、お母様のことを話している箇所の中です。1985年4月のインタビューで、掲載は雑誌の1985年秋号です。

"Interview With Jeremy Brett"
by Rosemary Herbert
The Armchair Detective, Vol.18, No.4, Fall 1985

母は単なる「僕の母」というだけではなかったのです。名前はElizabeth(エリザベス)というのですが、母は誰にでもこころの扉を開いて、そのこころの奥の窓を開け放つひとでした。そんなふうな表現しかできません。誰もが母のところに来ました。母はとてもあたたかい、ひかりのようなひとでした。

父が家にもどると、母をたずねて友人が来ているだけではなく、ジプシー(ロマ)の野営地のひとたち全部や放浪者たちが家にいる状態ということもよくありました。母が彼らを招きいれていたのです。兄のマイケルは画家になりましたが、兄は当時、放浪者の一人を絵に描いたことがありました。父の椅子にすわっている姿を描いたのです。おかげで父はノミに悩まされました。父はずいぶん我慢させられましたね!

She wasn't just "my mother"; her name was Elizabeth, and she had open doors and open windows in her soul—that's the only way I can put it. Everybody came to my mother. She was like a light of great warmth.

My father would come back and find not just friends but whole gypsy encampments or tramps that my mother had taken in. In fact, my painter brother Michael painted one of these tramps [posing in] my father's chair, and my father got fleas from him. He had a lot to put up with!


お母様のことを読むと、ジェレミーはお母様ゆずりのあたたかさだなあといつも思います。放浪者を絵に描くお兄様もまた、面白いですね。

それではジェレミーはお父様からは何もうけつがなかったかというと、もちろんそんなふうには思わなくて、ひとから慕われる天性のリーダーというところはお父様ゆずりだと思います。プロデューサーのMichael Coxがジェレミーのことを、"he was a natural company leader"(天性のリーダーの資質を持っている)と言っていました(「あたたかさと賢さ;The Ritual (1995) より」。

あ、でもお父様は家では我慢していたんですね。家でのリーダーはお母様ですね!お父様のこと、今までも何回かふれましたが、次の次くらいに(多分)また書きます。

というわけで、最後はちょっと脱線気味ですが、絵の話題でかろうじてまとまったでしょうか。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/849-8329e4bf

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR