Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

今日は自分を元気づけるためにも、ジェレミーの笑い声と笑顔を紹介したくなりました。

ジェレミーは複雑な性格の役どころが多くて(そしてそれは、望むところでもあったはずですが)、無防備に無邪気に笑っているところというのは、演じている役の中ではあまりみられないような気がします。特にある年齢以降は。もちろんホームズでも時々とても魅力的な笑顔を見ることができますが、やはり無邪気に笑うというのとは少し違います。でも、BBCラジオの1989年のインタビュー番組で、まるで5歳の男の子のように本当に無防備に笑っている声をきいて、ハンサムさんがラジオでそんな笑い方していいの?と言いながら一緒に笑い出しそうになりました。ジェレミーが笑うとまわりの人にうつって皆が笑い出す、とEdward Hardwickeも言っていましたが、この笑いもそうだなあと思いました。YouTubeにあるテレビインタビューでは、また違った、でもやはりこちらも笑い出してしまいそうな、素敵な笑いをきくことができます。大きな声で快活に笑っています。

BBCラジオのインタビューの音声は今はきけなくなってしまったようなので、笑い声を含む部分をご紹介します。
インタビューより(mp3, 42秒)

出演作品の中で、数少ない無邪気な笑顔として思い浮かぶのは、The Prodigal Daughter (1975) の1シーンです。この作品についてはりえさんがブログで紹介してくださいました。最近お邪魔しているmixiの「シャーロック・ホームズの世界」のジェレミーに関するスレッドに、このシーンから3枚を投稿したのですが、みればみるほど幸せな気持ちになるので、あちらに投稿した1枚と別の2枚をこちらに載せたくなりました。あちらでは内容にはふれませんでしたので、少しお話します。

これは若いカップルの相談にのってあげているシーンです。そして誠実に一生懸命アドバイスをした結果、若い彼らが提案に同意してくれて、しかもその同意のしかたがおかしかったので、うれしそうに楽しそうに笑っています。
TheProdigalDaughter(1975)-1.jpg
TheProdigalDaughter(1975)-2.jpg
TheProdigalDaughter(1975)-5.jpg

ジェレミーはグラナダ・スタジオのスタッフや、レストランのウェイターやウェトレスと、個人的なことも含めていろいろとよく話をしていた、ということを、多くの記事で読むことができます。ミッドランドホテルの元ウェイターの話は以前こちらで紹介しました。David Stuart Daviesは著書Dancing in the Moonlightの中で、ジェレミーは誰かを助けているとき、誰かの役にたっているときが一番幸せそうだった、病気の人に花を贈るとき、誰かを励まし元気になるようにとおしゃべりしに行くとき、相談にのってアドバイスをしてあげるとき。そしてその相手が共演しているスターであろうと下っ端の技術職のスタッフであろうと、と書いています。

プロデューサーのMichael Coxは、ジェレミーの追悼号となってしまったSherlock Holmes Gazetteの13号で、ジェレミーはグラナダ・スタジオのスタッフの全員のことをよく知っていた、と書いています。全員の名前を知っているだけでなく、誰の車が車上荒らしにあったか、誰の赤ちゃんの具合が悪いかも知っていた。それはお座なりにたずねたのでなく、本当に心からスタッフのことを知りたいと思っていたのだ、と。だからこのシーンをみると、私はいつも、実際のジェレミーもこんなふうにいろいろな人と話をして、相談にのってあげていたのだろうなあと思って、うれしくなります。

少し元気がないとき、この笑顔を思い出すと元気になれると思いませんか?

RM
関連記事

コメント

牧師ジェレミー(*^^*)

牧師ジェレミー、可愛いですよねぇ。
私的には、年下っぽく感じる純朴な演技に魅せられます。
最近は、私も落ち込むというか色々ありまして、心のよりどころよ、ジェレミー。という感じです。
笑顔ももちろん元気になれますが、ホームズとかメリー・ウィドウ(今、ご紹介されていますね!)とかも良いですよね♪

年末お忙しいでしょうが、ご自愛下さいませ(^^)

りえさん

この作品のジェレミーは、本当に純朴ですね!ジェレミーは本当にいろいろな面を持っていて、その時の気持ちでそれぞれの作品を楽しめますね。ホームズの頃のジェレミーになぐさめられるのは、年齢を重ねて、悲しいことや辛いことも経験して、それでも姿かたちも魂も美しいジェレミーを感じられるから、という気がします。メリー・ウィドウはあの輝きに呆然とします!

大変な時期を過ごしていらっしゃるのですね。そのなかでも、ご家族皆様でおだやかな気持ちですごせる時が少しでもありますようにと祈っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/85-747a0852

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR