Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回と同じ、Daily Mailからの引用です。前回もお断りしましたが、これはタブロイド紙の一つに書かれたものですが、扇情的で信用ならない追悼記事だとは思いません。私はこの記事はジェレミーを好きな人が書いたように思えます。

出典は書かれないまま(知らないまま)、ジェレミーのファンサイトなどで多く引用される部分を含んでいます。今日はその前半部分です。

The star who died of a broken heart
By Shaun Usher
Daily Mail, 14 September, 1995

最初、ジェレミー・ブレットとJoan Sullivan(ジョーン・サリバン)の二人は、ロサンゼルスのサンタモニカ丘陵にあるあのハリウッドサインの「Wの字のちょうど下に」住んでいた。ブレットは最高にすばらしい女性と出会ったことをよく知っていた。妻を短く描写するとき、「Wild and wonderful(並外れていて最高)」と好んで言っていた。「We had a once-in-a-lifetime love.(一生に一度だけの愛を私たちは得たのです。)信じられないほどすばらしい、妻として最高のひとでした。」

At first they lived in Hollywood, 'right under the W in that sign'. Brett knew he had found a woman in a million, 'Wild and wonderful,' was his fond summing-up. 'We had a once-in-a-lifetime love. She was an incredible person, the best wife a man could have.


和訳のなかに"Wild and wonderful", "We had a once-in-a-lifetime love."の言葉を残しましたが、特に後者はジェレミーのファンページなどでも目にしますので、ここであらためて引用してみました。

ジェレミーが二度目の奥様をどんなに愛していたかは、ジェレミーの言葉の端々に出てきますが、これらの言葉からもそれを感じます。

これに続く部分を次回ご紹介するつもりです。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/857-a3cbf8a6

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR